コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

tie tie

翻訳|tie

世界大百科事典内のtieの言及

【シンコペーション】より

…一般に,基準となる拍節パターンを破るアクセントの移動をいう。具体的には,(1)最も一般的な方法は弱拍の音を次の強拍の音とタイtie(同じ高さの2音を結ぶ弧線)などで結んで後者のアクセントを先取りさせる,(2)強拍部を休止させ,そのアクセントを次の弱拍の音にずらす,(3)弱拍の音にアクセントをかけて強弱の関係を逆にする,などがある(図)。この語は本来,音節の〈脱落〉を意味するギリシア語の文法用語であったが,14世紀にいたって音楽理論に転用されるようになった。…

【鉄道】より

…日本では新幹線および私鉄の一部が標準軌,JR在来線および私鉄の大部分は1067mmの狭軌である。 まくら木sleeper(またはtie)は軌間を一定に保つため左右レールを正確に固定するとともに,レールから伝達される列車荷重を広く道床に分布させる役目をもつ。材質的には,木まくら木,コンクリートまくら木,特殊まくら木に分類されるが,日本での敷設本数では,クリ,ヒノキ,ヒバなどの強い木材や防腐処理を施したブナ,マツなどを用いた木まくら木が圧倒的に多い。…

【ネクタイ】より

…単にタイtieともいい,首やシャツの衿の回りに巻いて結ぶ帯状,ひも状の布のことで,おもに男子服の装飾のために用いる(図)。古くは古代ローマ時代の兵士の巻いていた,フォカレfocaleと呼ぶ帯状のウールの首巻にさかのぼるといわれるが,直接の起源は17世紀のイギリスとフランスに登場したクラバットcravateであった。クラバットはクロアチアの人々が首に巻いていた布kravataに由来するもので,それ以前の衿飾がシャツの衿元に縫いつけられていたのに対し,取りはずしのできるスカーフ状のものであった。…

※「tie」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

tieの関連キーワードタイイン・プロモーションサンテティエンヌ大聖堂no necktie幸せの黄色いリボンガルベンシィフェル広告キャンペーンloop tieシンコペーションオルソドロマイト蝶ネクタイ構造フェライト砂岩白一文字斑螟蛾世界都市デーライムロックSORTIEno tieサンドロックシッランパーループタイ野茶穿孔虫

tieの関連情報