• コトバンク
  • > 凡例《プログレッシブ ロシア語辞典(露和編)》
  1. 記述上の補助記号
    1. 紙面を有効に活用するため,以下のような記号類を使って簡潔に記述した。
    2. ①( )
      1. ・省略可能
      2. авока́до ... アボカド(の実,木)

         (→「アボカド,アボカドの実,アボカドの木」を表す)

        австрали́йский ... オーストラリア(人)の

         (→「オーストラリアの,オーストラリア人の」を表す)

        **до1 ... жда́ть до семи́ (часо́в) 7時まで待つ

         (→часо́в は省略できることを表す)
      3. ・補足
      4. *ава́рия ... (機械の)故障,破損,損傷

        а́верс ... (硬貨・メダルの)表,表面

        **живо́тное ... (人間に対して)動物

      5. ・注記,補足説明,同義語,反義語,記号,略語など。
      6. *пиро́г ... ピローグ (ロシア風パイ)

        ба́бк|а ... おばあさん ба́бушка

        *а́д ... 地獄 ра́й

        *азо́т 【化】窒素 (記号N)

        *а́томн|ый ... –ая электроста́нция 原子力発電所 (略АЭС

    3. ②[ ]
      1. ・交換可能または言い換え
      2. благоду́шествовать ... ゆったりと[のんびりと]過ごす

         (→「ゆったりと過ごす」と「のんびりと過ごす」を表す)
      3. ・ロシア語中で使用する [ ] は,直前の1語との交換を表す。直前の語が複数語の場合は,「 で開始位置を示した。また,ロシア語の [ ] と日本語訳の[ ]が対応する場合ある。
      4. **владе́ть ... не владе́ет рука́ми [нога́ми] 身動きがならない

         (→не владе́ет рука́мине владе́ет нога́миの2つが同じ意味を表す)

        **бо́к ... с пра́вого [ле́вого] 右[左]側から

         (→с пра́вого 右側から と с ле́вого 左側から を表す)

        **боро́ться ... ~ 「до конца́ [упо́рно] 最後まで[我慢強く]戦う

         (→~ до конца́ 最後まで戦う と ~ упо́рно 我慢強く戦う を表す)
    4. ③ / (スラッシュ)
      1. ・名詞の男性形と女性形がペアになる場合の区切り。
      2. **студе́нт [男1] / студе́нтка [女2]

      3. ・不完了体動詞と完了体動詞がペアになる場合の区切り。
      4. **чита́ть [不完] / прочита́ть [完]

      5. ・変化語尾,発音,アクセントが複数ある場合の区切り。バリアントがある場合,より使われる方を最初に挙げた。
      6. **ви́д1 ... /о -е, в/на /-у́

        лло́ [лё/ло́]

        де-фа́кто [эа/о]

    5. ④ <  派生関係を表し,見出しとなっている形や語義番号の意味を示す。
    6. ба́нный [形1] ба́ня   (→ба́няの形容詞であることを表す)

      *вози́ться ... 〔受身〕<вози́ть

               (→вози́тьの①の受身の意味を表す)

      *горю́ч|ий 可燃性の ... // –есть [女10] <①

               (→горю́чий の①の名詞の意味「可燃性」を表す)

      бу́ковка [女2] 〔指小〕<бу́ква

               (→бу́ква の指小形であることを表す)

      болва́н [男1] 偶像 ... // ~чик [男2] 〔指小・愛称〕<①

               (→болва́н①「偶像」の指小・愛称形であることを表す)

      дня́ 〔単数;生格〕<де́нь   (→де́нь の単数生格形であることを表す)

      беру́ 〔1単現〕<бра́ть   (→бра́ть の1人称単数現在形であることを表す)

  2. 見出し語
    1. ①この辞書では,一般語彙,人名・地名などの固有名詞,略語,語形成要素,接頭辞,接尾辞を見出し語として収録した。準見出し語の派生語を含め,6万余語を収録している。
    2. ②見出し語はアルファベット順に配列した。同つづりの語がある場合は,小文字のものを先に,アクセントも同じ場合は,肩数字 12で区別した。
    3. св
      СВ
      св.
      **ви́д1
      **ви́д2
    4. её は慣例にならい,配列上は同じ字母として扱った。
    5. **далеко́

      далёко

    6. ④名詞は,男性形と女性形がペアになる場合は,原則として男性形を見出しとし,スラッシュ( / )で区切って女性形を挙げた。
    7. **студе́нт [男1] / студе́нтка [女2]

      благотвори́тель [男5] / ~ница [女3]

      *бе́жен|ец [男3] / –ка [女2]

    8. ⑤形容詞は,男性主格形を見出しとした。
    9. ⑥動詞は,不完了体動詞と完了体動詞がペアになる場合は,不完了体動詞を見出しとし,スラッシュ( / )で区切って完了体動詞を挙げた。ペアの完了体動詞は,空見出しを立てて不完了体動詞に送った。
    10. **чита́ть [不完] / прочита́ть [完]

      прочита́ть [完] →чита́ть

    11. -ся動詞は,原則として独立見出しとしたが,一般語で,意味が複雑でない -ся動詞については,-ся のない語の派生語として扱った。また,不完了体動詞に-ся をつけて受身の意味を表すだけのものについては,〔受身〕とだけ表示して訳語は省略した。
    12. деформи́ровать [不完・完] 〉変形させる,歪める ...
      // ~ся [不完・完] 変形する,歪む

      возгоня́ть [不完] / возгна́ть [完] 【化】〈〉昇華させる
      // ~ся [不完] / [完] 【化】昇華する 《不完》 〔受身〕

      верши́ть -шу́, -ши́шь [不完] 《雅》 〉解決する;...
      // ~ся [不完] 〔受身〕

    13. ⑧バリアントがある場合は,コンマで並列して挙げた。
    14. арабе́ск [男2] , арабе́ска [女2]

    15. ⑨バリアントがいくつかある場合は,一箇所にまとめて記述し,バリアント形は空見出しとしてそこに送った。
    16. без.. , безъ.. , бес..

      безъ.. →без..

      бес.. →без..

    17. ⑩つづり通りに発音されない部分がある場合は,その部分に下線を引いて,どのようなつづり字の発音に相当するかを示した。
    18. **гру́стно [сн]

      деи́зм [э]

  3. 派生語
    1. ①名詞の形容詞形,形容詞や動詞の名詞形など意味が類推できる場合は,派生語として,記述の末尾に// で挙げた。ここでいう派生語は,語と語の厳密な意味での派生関係を表しているわけではなく,準見出し語の意味合いで使用している。
    2. ②略記する場合は。見出し語の区切り線にしたがって ~, を使い分けた。→2.記述上の補助記号を参照
    3. *витами́н [男1] ビタミン ... // ~ный [形1]

      были́н|а [女1] 【文学】ブィリーナ ... // –ный [形1]

      анони́мн|ый [形1] 匿名の ... // –ость [女10]

    4. ③ ~との部分のアクセントは,見出し語とは異なる場合がある。
    5. гироско́п [男1] ジャイロスコープ // ~и́ческий [形3]

      археоло́г|ия [女9] 考古学 // –и́ческий [形3]

    6. ④ 意味が複雑でない -ся動詞は,-сяのない動詞の形態上の派生語として扱った。
    7. пла́вить ... [不完] / рас~ [完] 〉溶かす ...
      // ~ся [不完] / [完] 溶ける ...

       (→ここでの~ся[不完]/[完] は,пла́виться[不完] と распла́виться[完] を表す)
    8. -ся動詞の形が,不完了体動詞の受身として使われる場合は,[不完]〔受身〕として挙げた。
    9. расце́нивать [不完] / расцени́ть [完] …の価格を決める ... // ~ся [不完] 〔受身〕

       (→ここでの~ся[不完] は,расце́ниваться[不完] を表す)
  4. アクセント
    1. ①アクセントは,母音の上に主アクセント(а́),副アクセント(а̀)を示した。
    2. *элѐктроста́нция [女9]

    3. ②無アクセントの前置詞や助詞などを除き,1音節語にもアクセントを付けた。また,複音節からなる前置詞には,副アクセントを付した。
    4. *ба́к [男2]

      **мѐжду [前]

      **чѐрез [前]

    5. ё にアクセントがある場合は,アクセント記号は省いた。
    6. **актёр [男1]

      *безнадёжный [形1]

      твёрдока́менный [形1]

    7. ④アクセントに揺れがある場合は,よく使われる方を最初に,並べて示した。
    8. ко́жанка , кожа́нка [女2]

  5. 発音と英語
    1. ①ロシア語の発音は,アクセントの位置がわかると発音できるため原則として示さなかった。ただし,初学者の学習のために,最重要語(**)には,カナカナ発音を付けた。カタカナはあくまで便宜的な発音表示であり,複雑な記号やひらがなを使い分けることはしなかった。アクセントのある音節には「ー」を付けた。
    2. ②略語の発音表示にもカタカナを使用した。
    3. МГИМО [ムギモー] 《略》

      п/я [ペヤー] 《略》

    4. ③初学者の理解を助ける場合には,最重要語,重要語については適宜,意味の近い英単語を〔 〕に入れて示した。
    5. **широ́кий [シローキイ] ... [形3] 〔wide, broad〕

      **большо́й [バリショーイ] ... [形7] 〔big, large, great〕

    6. ④つづり字と発音が一致しない箇所は,その部分に下線を引いて,読み方をつづり字で示した。なお,アポストロフィ付きш'ш の軟音を表す。
    7. *дие́та [э́]

      анестезио́лог [ээ]

      **аге́нтство [ц] [アギェーンツトヴァ]

      **счастли́в|ый [щсл] [シスリーヴイ]

      жа́лостливый [сл]

      жа́лостный [сн]

      большеви́стский [сс]

      исчисле́ние щ/ш'ч]

    8. ⑤省略表記をした派生語の下線部は,見出し語の語末部分を補った発音を示している。
    9. *бюрокра́т ... // кий [ц]  (→下線部はбюрокра́тскийを示す)

      лейбори́ст ... // кий [сс]  (→下線部はлейбори́стскийを示す)

      **сто́имост|ь ... // –ный [сн]  (→下線部はсто́имостныйを示す)

  6. 品詞と語形変化のタイプ
    1. ①名詞の表示は,男性,女性,中性,複数の別で代用し,[男] [女] [中] [複] のように略記した。その際,格変化のタイプを示す番号を加えて,[男1][女2][中5] などのように示した。→16.名詞を参照
    2. ②形容詞は [形] と略記し,名詞と同様 [形1][形2][形5] のように格変化のタイプの番号を添えて示した。→17.形容詞を参照
    3. ③動詞は,不完了体動詞と完了体動詞の別を [不完] [完] のように示した。→18.動詞を参照
    4. ④その他の品詞は,副詞 → [副],代名詞 → [代],接続詞 → [接],前置詞 → [前],数詞 → [数],助詞 → [助],無人称述語 → [無人述] のように略記した。
    5. ⑤変化しない場合や変化のタイプと性が異なる場合,また合成語は以下のように示した。
    6. а̀виашо́у (不変) [中]

      **дя́дя (女5変化) [男]

      Ба́ба-Яга́ [女1]-[女2]

      би́знес-кла́сс [不変]-[男4]

      пара́д-алле́ [男1]-[不変]

  7. 意味と訳語
    1. ①語の意味(語義)は,語の定義ではなく,相当する訳語を挙げた。いくつかの意味に分けられる場合は,①②③...で区分した。さらに下位区分がある場合は,(a)(b)(c)...で,上位概念として大きく分類する場合は,ⅠⅡⅢ...で区分けした。
    2. ②訳語は,コンマ(,)で区切って並べて示し,多少意味の隔たりがある場合はセミコロン(;)で区切った。
    3. ③《複》は複数形での,《男》《女》はそれぞれ男性形と女性形のどちらかでの意味を示している。その他の文法・用法指示については,→13.文法・用法ラベルを参照
    4. **ве́щь もの,物品 ... 《複》 事情,事態

            (→⑤は複数形での意味を表す)

      высо́тни|к [男2] / –ца [女3] ... 《男》 高層ビル

            (→④は男性形высо́тникでの意味を表す)

      **япо́нец [男3] / япо́нка [女2] 日本人 《女》 日本車

            (→②は女性形япо́нкаでの意味を表す)
    5. ④意味によって大文字になる場合や,形容詞が名詞として用いられる場合などは,訳語の前に太字で示した。
    6. *би́блия [女9] 〔bible〕 Б~ 聖書 特定の分野で権威として認められた書物       (→①はБи́блияと大文字で綴る)

      **друг|о́й [形4] ... [男名] / –а́я [女名] / –и́е [複名] 別の人,他の人;他人; –о́е [中名] 別のこと,他のこと

      престаре́лый [形1] ... –ые [複名] 高齢者,老人

    7. ⑤意味によってペアになる完了体動詞が異なる場合は,その都度〔完 ...〕の形で挙げた。
    8. **плани́ровать2 [不完] 〔完с~ 〉…の計画を立てる... 〔完за~ 〉企画する... 〔完за~, с~ 《話》〈不定形する〉つもりである...

    9. ⑥《俗》(俗語表現),《文》(文語表現),《旧》(古い表現)などのラベルについては,→14.文体・語層ラベルを参照
    10. ⑦特定の専門分野での用語については,【植】【医】【経】などのラベルを付けて示した。→15.専門語ラベルを参照
    11. ⑧同義語がある場合は,後ろに( )で示した。反義語あるいは対語がある場合は(⇔ )で示した。
    12. ауди́рование ... 会計監査 ауди́т

      **до́лгий ... 長い (⇔коро́ткий

    13. ⑨訳語とコロケーション →8.コロケーションを参照
  8. コロケーション
    1. ①訳語はコロケーション(語と語の結びつき)と密接にかかわっている。何格の名詞と,あるいはどの前置詞と結びつくのかを〈 〉に入れて示し,訳語もそれらに関連づけて記述した。対格の名詞を「…を」で受ける場合は,訳語では「…を」は省略した。〈 〉に入る語の具体的な意味を記述する場合は,必ず同じ〈 〉で対応させた。
    2. *гаранти́ровать [不完・完] ... 〉保証する

      ассигнова́ть [不完・完] ... 〉〈資金を〉割り当てる,支出する

      **па́мятник [男2] 〉〈人の〉記念碑,記念像

      **дари́ть [不完] / подари́ть [完] を〉贈る,プレゼントする を〉与える,贈る

      **ду́мать [不完] / поду́мать [完] о/надのことを〉考える,思う ... что̀節〉…と思う,考える ... оのことを〉思う,評価する ... 不定形〉…しようと思う,...

    3. ②コロケーションの表示には以下のような省略記号を用いた。これらは用例や成句などでも使用した。
    4. 主格の名詞(句)
      生格の名詞(句)
      与格の名詞(句)
      対格の名詞(句)
      造格の名詞(句)
      前置格の名詞(句)
      不定形動詞の不定形
      命令形動詞の命令形
      比較級形容詞・副詞の比較級
      従属節従属節
      что̀что̀
      что̀бычто̀бы
      каккак
      че́й-л., чья́-л.,
      чьё-л., чьи́-л.
      所有形容詞
      где́-л.位置
      куда́-л.方向
    5. ③結びつく動詞の不定形が,不完了体か完了体の一方としか用いられない場合,不定形(不完)不定形(完) のように示した。また,特定の傾向がみられる場合,注記の形で示した。
    6. **начина́ть [不完] / нача́ть [完] ... /不定形(不完)することを〉始める,開始する

      **удава́ться [不完] / уда́ться [完] ... 《無人称》 不定形(完)することに〉成功する,…することができる

      **мо́чь2 ... 不定形〉…する可能性がある,…しうる,…かもしれない,…しかねない (★通例不定形は完了体)

  9. 用例
    1. ①用例は,語義ごとにコロン(:)で始め,用例と用例の区切は縦棒(|)を使用した。
    2. ②用例中で見出し語に相当する部分は,斜体で示し区別できるようにした。
    3. ③見出し語のつづりがそのまま使われる場合は ~ で,一部分の場合は – を使って略記した。語頭が大文字になる場合は,К~, К–ое などのように示した。また,用例中での動詞の活用形は省略しないで全書した。
    4. **бли́зк|ий бы́ть ~ с …と親しい

      **безопа́сност|ь ... догово́р о –и 安全保障条約 мѐждунаро́дная ~ 国際安全保障

          (→–ибезопа́сности を,~ は безопа́сность の形を表す)

      **компью́тер ... К~ зави́с. コンピュータがフリーズした

      каспи́йск|ий ... К–ое мо́ре カスピ海

      навёртываться [不完] / наверну́ться1 -нётся [完] ... Слу́чай наверну́лся отли́чный. 絶好のチャンスが訪れた

  10. 成句
    1. ①成句表現あるいはイディオムは,語義ごとにではなく後ろに◆でまとめて示した。
    2. ②成句は,わかりやすさと初学者への配慮から,г, д, т のような斜体字を採用した。
    3. ③成句が多く連続する場合は,アルファベット順を原則とした。
    4. ④成句中での見出し語相当語句の省略表記については,用例の場合と同様である。
    5. *рыба́к ... Р~ ~а́ ви́дит издалека́. 《諺》類は友を呼ぶ

           (→それぞれ大文字始まりの Рыба́крыбака́ を表す)

      рога́тк|а ... ста́вить –и 《話》…を妨害する,邪魔する

           (→рога́тки を表す)
  11. 複合語
    1. 複数の語から成る語彙は,記述の最後に太字で■にまとめた。
    2. гроте́сковый ... ~ шри́фт 【印】サンセリフ体

      *ба́л ... ~-маскара́д 仮面舞踏会

  12. 語法・用法の注記とコラム欄
    1. ①語法や用法に関する注記は(★ ... )や(語法 ... )で可能な限り入れた。やや詳しい語法解説にはコラムを設けた。
    2. **благодаря́ [前] ... (★благодаря́に続く3人称代名詞にはнを前綴りしない)

      **напра́во ... Н~! 【軍・スポ】《号令》右向け右! (★[ナプラーヴォ]と発音)

      **бли́зк|ий ... кに〉(時空・関係・内容が)近い;間近の 語法「…は近い」という文では主語の性・数とは関係なく бли́зко を用いる)

      **ма́й ... 語法 副詞的な「何月に」はв+月名の前置格:пое́хать в Ки́ев в ма́е 5月にキエフへ行く
      ≪月日の表現≫ 日付は序数詞中性単数+月名の生格:пе́рвое ма́я 5月1日;副詞的な「何月何日に」は日付も生格:пе́рвого ма́я 5月1日に

    3. ②他の語との比較の解説には,比較の注記をつけた。
    4. **космона́вт [男1] ... 宇宙飛行士 比較ロシア・ソ連の宇宙飛行士はкосмона́вт;日本,米国などの宇宙飛行士はастрона́вт

      **ру́сск|ий1 比較 на ру́сском языке́は,по-ру́сскиより丁寧な言い方;по-ру́сскиは動詞とのみ用いられ,на ру́сском языке́は名詞とも用いられる;по-の形がない場合はнаのみを用いる:На како́м языке́ они́ говоря́т? 彼らは何語で話しているのですか

    5. ③関連語が一覧できる活用コラムを設けた。
    6. лосо́сь [男5] ... 活用 горбу́ша カラフトマス кета́ シロザケ ки́жуч ギンザケ не́рка ベニザケ сёмга タイセイヨウサケ сима́ サクラマス форе́ль ブラウントラウト чавы́ча マスノスケ

      со́ев|ый [形1] ... 活用 ~ со́ус 醤油 ~ творо́г 豆腐 –ое молоко́ 豆乳 –ая па́ста 味噌

  13. 文法・用法ラベル
  14. 《単》単数形で
    《複》複数形で
    《男》男性形で
    《女》女性形で
    《中》中性形で
    《述語》述語として
    《無人称》無人称熟語として
    《挿入》挿入語[句]として
    《長尾》長語尾で
    《短尾》短語尾で
    《受現》受動分詞現在形で
    《受過》受動分詞過去形で
    《能現》能動分詞現在形で
    《能過》能動分詞過去形で
    〔受身〕受動態
    〔指小〕指小形
    〔指大〕指大形
    〔愛称〕愛称形
    〔卑小〕卑小形
  15. 文体・語層ラベル
  16. 《話》口語表現
    《俗》俗語
    《隠》隠語,スラング
    《卑》卑語
    《粗》粗野な表現
    《文》文語
    《雅》雅語
    《旧》古い表現
    《公》公的な表現
    《詩》詩歌表現
    《民話》民話表現
    《幼児》幼児語
    《若者》若者言葉
    《戯》おどけて,冗談で
    《罵》ののしって
    《蔑》軽蔑的,侮蔑的
    《皮肉》皮肉を込めた表現
    《商標》登録商標
  17. 専門語ラベル
  18. 【生】生物(名)
    【植】植物(名)
    【動】動物(名)
    【鳥】鳥類
    【魚】魚類
    【貝】貝類
    【茸】キノコ類
    【医】医学
    【生理】生理学
    【解】解剖
    【薬】薬学
    【理】物理
    【化】化学
    【生化】生化学
    【農】農業
    【数】数学
    【天】天文
    【地】地学
    【鉱】鉱物
    【軍】軍事
    【航空】航空
    【海】海事・船舶
    【建】建築
    【工】工学
    【技】技術
    【光】光学
    【印】印刷
    【鉄道】鉄道
    【政】政治
    【経】経済
    【財】財政
    【金融】金融
    【商】商業
    【法】法律
    【社会】社会学
    【言】言語学
    【音声】音声学
    【文学】文学
    【修】修辞学
    【劇】演劇
    【映】映画
    【写】写真
    【楽】音楽
    【舞】ダンス・舞踏
    【バレエ】バレエ
    【論】論理学
    【芸】芸術
    【美】美術
    【人類】人類学
    【民話】民話・伝承
    【心】心理学
    【哲】哲学
    【史】歴史
    【露史】ロシア史
    【考古】考古学
    【コン】コンピュータ用語
    【IT】IT用語
    【通信】通信
    【宗】宗教
    【正教】ロシア正教
    【キリスト】キリスト教
    【カトリ】カトリック
    【プロテ】プロテスタント
    【イスラム】イスラム教
    【ユダヤ】ユダヤ教
    【聖】聖書
    【古ギ】古代ギリシャ
    【古ロ】古代ローマ
    【スラヴ神】スラヴ神話
    【ギ神】ギリシャ神話
    【ロ神】ローマ神話
    【スポ】スポーツ
    【サッカー】サッカー
    【トランプ】カードゲーム
    【料理】料理
  19. 名詞など
    1. ①代名詞,数詞を含む名詞類の格変化は,生格→与格→対格→造格→前置格,複数形も同様の順で記述し,格の名称は省いた。ただし,同じ形をまとめた場合は格の名称を記した。
    2. **мы́ на́с, на́м, на́с, на́ми, на́с [代] 《人称》

      **пя́теро -ры́х, -ры́м, -ро/-ры́х, -ры́ми, -ры́х [数] 《集合》

      **до́чь 生・与・前до́черидо́чьдо́черьюдо́чери, дочере́й, дочеря́м, дочере́й, дочерьми́/дочеря́ми, дочеря́х [女]

      **вре́мя 生・与・前-мени-менем-мена́, -мён, -мена́м [中7]

    3. ②名詞の格変化は下記の変化のタイプによって,[男1] [男2] [女3] [中5] のように表記し,変化形は省いた。
    4. **космона́вт [男1]

    5. ③部分的にアクセントや変化が異なる場合や,表からはわからない部分は,その部分のみ記述した。
    6. *зо́нт -а́ [男1]

      зооса́д -ы́ [男1] 動物園

      **па́лка 複生-лок [女2]

      **земля́ зе́млюзе́мли, земе́ль, зе́млям [女5]

      **девяно́сто 生・与・造・前-ста-сто [数] 《個数》

    7. ④いわゆる第2生格は,生格の後に / (スラッシュ)で区切って示した。
    8. **ча́|й1 [チャーイ] ча́я/ча́ю

      **са́хар [サーハル] /

    9. ⑤前置詞とのつながりで,前置詞にアクセントが置かれる形がある場合は,最後にまとめて( )内に示した。
    10. **бо́рт ... о -е, на -у́-а́ (за́/на́ борт, за/на бо́рт; за борто́м)

    11. 男性名詞の格変化語尾(*不活動体名詞では対格形=主格形,活動体名詞では対格形=生格形となる)
    12. 単数 複数
      * *
      男1 - -
      -а́

      -у́
      =生/主 -ом
      -о́м

      -е́

      -ы́
      -ов
      -о́в
      -ам
      -а́м
      =生/主 -ами
      -а́ми
      -ах
      -а́х
      男2 ..г-
      ..к-
      ..х-
      -
      -а́

      -у́
      =生/主 -ом
      -о́м

      -е́

      -и́
      -ов
      -о́в
      -ам
      -а́м
      =生/主 -ами
      -а́ми
      -ах
      -а́х
      男3 ..ц- -
      -а́

      -у́
      =生/主 -ем
      -о́м

      -е́

      -ы́
      -ев
      -о́в
      -ам
      -а́м
      =生/主 -ами
      -а́ми
      -ах
      -а́х
      男4 ..ж-
      ..ч-
      ..ш-
      ..щ-
      -
      -а́

      -у́
      =生/主 -ем
      -о́м

      -е́

      -и́
      -ей
      -е́й
      -ам
      -а́м
      =生/主 -ами
      -а́ми
      -ах
      -а́х
      男5
      -я́

      -ю́
      =生/主 -ем
      -ём

      -е́

      -и́
      -ей
      -е́й
      -ям
      -я́м
      =生/主 -ями
      -я́ми
      -ях
      -я́х
      男6
      -я́

      -ю́
      =生/主 -ем
      -ём

      -е́

      -и́
      -ев
      -ёв
      -ям
      -я́м
      =生/主 -ями
      -я́ми
      -ях
      -я́х
      男7 -ий -ий -ия -ию =生/主 -ием -ии -ии -иев -иям =生/主 -иями -иях
      男8 - - -a
      -а́

      -у́
      =生/主 -ом
      -о́м

      -е́
      -ья
      -ья́
      -ьев
      -е́й
      -ьям
      -ья́м
      =生/主 -ьями
      -ья́ми
      -ьях
      -ья́х
      男9 -ёнок
      -о́нок
      -ёнок
      -о́нок
      -ёнка
      -о́нка
      -ёнку
      -о́нку
      =生/主 -ёнком
      -о́нком
      -ёнке
      -о́нке
      -я́та
      -а́та
      -я́т
      -а́т
      -я́там
      -а́там
      =生/主 -я́тами
      -а́тами
      -я́тах
      -а́тах
      男10 ..н-ин -ин -ина -ину =生/主 -ином -ине - -ам =生/主 -ами -ах

      注)アクセントが移動するとき,アクセントが置かれる位置は原則的には以下のとおり。

      1)単数主格形(および同形の対格形)以外すべての形で語尾
      [単]язы́к, языка́, языку́, =主, языко́м, языке́
      [複]языки́, языко́в, языка́м, =主, языка́ми, языка́х

      2)単数では語幹,複数では語尾
      [単]са́д, са́да, са́ду, =主, са́дом, са́де
      [複]сады́, садо́в, сада́м, =主, сада́ми, сада́х

      3)単数のすべての形および複数主格形(および同形の対格形)では語幹,その他の形では語尾
      [単]во́лк, во́лка, во́лку, =生, во́лком, во́лке
      [複]во́лки, волко́в, волка́м, =生, волка́ми, волка́х

      4)単数主格形(および同形の対格形)および複数主格形(および同形の対格形)では語幹,その他の形では語尾
      [単]гво́здь, гвоздя́, гвоздю́, =主, гвоздём, гвозде́
      [複]гво́зди, гвозде́й, гвоздя́м, =主, гвоздя́ми, гвоздя́х

    13. 女性名詞の格変化語尾(*複数において,不活動体名詞では対格形=主格形,活動体名詞では対格形=生格形となる)
    14. 単数 複数
      *
      女1
      -а́

      -ы́

      -е́

      -у́
      -ой
      -о́й

      -е́

      -ы́
      - -ам
      -а́м
      =生/主 -ами
      -а́ми
      -ах
      -а́х
      女2 ..г-а
      ..к-а
      ..х-а
      -a
      -а́

      -и́

      -е́

      -у́
      -ой
      -о́й

      -е́

      -и́
      - -ам
      -а́м
      =生/主 -ами
      -а́ми
      -ах
      -а́х
      女3 ..ц-а
      -á

      -ы́

      -е́

      -у́
      -ей
      -о́й

      -е́

      -ы́
      - -ам
      -а́м
      =生/主 -ами
      -а́ми
      -ах
      -а́х
      女4 ..ж-а
      ..ч-а
      ..ш-а
      ..щ-а

      -а́

      -и́

      -е́

      -у́
      -ей
      -о́й

      -е́

      -и́
      - -ам
      -а́м
      =生/主 -ами
      -а́ми
      -ах
      -а́х
      女5
      -я́

      -и́

      -е́

      -ю́
      -ей
      -ёй

      -е́

      -и́

      -е́й
      -ям
      -я́м
      =生/主 -ями
      -я́ми
      -ях
      -я́х
      女6 ..а-я
      ..у-я
      ..е-я

      -я́

      -и́

      -е́

      -ю́
      -ей
      -ёй

      -е́

      -и́

      -ям
      -я́м
      =生/主 -ями
      -я́ми
      -ях
      -я́х
      女7 -йя -йя -йи -йе -йю -йей -йе -йи -йям =生/主 -йями -йях
      女8 -ья -ья
      -ья́
      -ьи
      -ьи́
      -ье
      -ье́
      -ью
      -ью́
      -ьей
      -ьёй
      -ье
      -ье́
      -ьи
      -ьи́
      -ий
      -е́й
      -ьям
      -ья́м
      =生/主 -ьями
      -ья́ми
      -ьях
      -ья́х
      女9 -ия -ия
      -и́я
      -ии
      -и́и
      -ии
      -и́и
      -ию
      -и́ю
      -ией
      -и́ей
      -ии
      -и́и
      -ии
      -и́и
      -ий
      -и́й
      -иям
      -и́ям
      =生/主 -иями
      -и́ями
      -иях
      -и́ях
      女10 -ью -ей
      -е́й
      -ям
      -я́м
      =生/主 -ями
      -я́ми
      -ях
      -я́х
      女11 ..ж-ь
      ..ч-ь
      ..ш-ь
      ..щ-ь
      -ью -ей
      -е́й
      -ам
      -а́м
      =生/主 -ами
      -а́ми
      -ах
      -а́х

      注)アクセントが移動するとき,アクセントが置かれる位置は以下のとおり。

      1) および で終わる女性名詞のアクセントは,単数主格形で語尾にアクセントが置かれるときに移動することがある(рука́, земля́など)。
      アクセントは,単数では対格形のみで語幹に戻ることがあり,一方,複数では主格形(および同形の対格形)で語幹に移ることがあり,また移ったアクセントがさらに与格形,造格形および前置格形で語尾に戻ることがある。
      [単]рука́, руки́, руке́, ру́ку, руко́й, руке́
         参考:жена́, жены́, жене́, жену́, жено́й, жене́
      [複]ру́ки, ру́к, рука́м, =主, рука́ми, рука́х
         参考:жёны, жён, жёнам, =生, жёнами, жёнах

      2) で終わる女性名詞のアクセントが移動する場合,単数形のすべての形および複数主格形では語幹,複数の生格形,与格形,造格形および前置格形では語尾。
      [単]пло́щадь, пло́щади, пло́щади, пло́щадь, пло́щадью, пло́щади
      [複]пло́щади, площаде́й, площадя́м, =主, площадя́ми, площадя́х

    15. 中性名詞の格変化語尾
    16. 単数 複数
      中1
      -о́

      -а́

      -у́

      -о́
      -ом
      -о́м

      -е́

      -а́
      - -ам
      -а́м

      -а́
      -ами
      -а́ми
      -ах
      -а́х
      中2 ..ц-е
      ..ж-е
      ..ч-е
      ..ш-е
      ..щ-е
      -ем - -ам -ами -ах
      中3 -ем
      -я́
      -ей
      -е́й
      -ям
      -я́м

      -я́
      -ями
      -я́ми
      -ях
      -я́х
      中4 -ье
      -ьё
      -ье
      -ьё
      -ья
      -ья́
      -ью
      -ью́
      -ье
      -ьё
      -ьем
      -ьём
      -ье
      -ье́
      -ья
      -ья́
      -ий
      -е́й
      -ьям
      -ья́м
      -ья
      -ья́
      -ьями
      -ья́ми
      -ьях
      -ья́х
      中5 -ие -ие
      -ие́
      -ия
      -ия́
      -ию
      -ию́
      -ие
      ие́
      -ием
      -ие́м
      -ии
      -ии́
      -ия
      -ия́
      -ий
      -и́й
      -иям
      -ия́м
      -ия
      -ия́
      -иями
      -ия́ми
      -иях
      -ия́х
      中6 -ом -ья -ьев -ьям -ья -ьями -ьях
      中7 ..м-я -ени -ени -енем -ени -ена́ -ён -ена́м -ена́ -ена́ми -ена́х

      注)単数および複数それぞれにおいて,主格形以外のアクセントの位置は,主格形のアクセントの位置と同じ(語尾がない複数生格形を除く)。
      [単]ме́сто, ме́ста, ме́сту, ме́сто, ме́стом, ме́сте
      [複]места́, ме́ст, места́м, места́, места́ми, места́х
      [単]письмо́, письма́, письму́, письмо́, письмо́м, письме́
      [複]пи́сьма, пи́сем, пи́сьмам, пи́сьма, пи́сьмами, пи́сьмах

    17. 姓の格変化語尾
    18. 単数 複数
      男姓 ..ов-
      ..ев-
      ..ёв-
      ..ин-
      ..ын-
      - -ым -ых -ым -ых -ыми -ых
      ..и́н- - -а́ -у́ -а́ -ы́м -е́ -ы́ -ы́х -ы́м -ы́х -ы́ми -ы́х
      女姓 ..ов-а
      ..ев-а
      ..ёв-а
      ..ин-а
      ..ын-а
      -ой -ой -ой -ой -ых -ым -ых -ыми -ых
      ..ин-а́ -а́ -о́й -о́й -у́ -о́й -о́й -ы́ -ы́х -ы́м -ы́х -ы́ми -ы́х

      注)ウクライナ系の -ко で終わる姓は不変化であるが,-енко で終わる男性の姓は,話し言葉では[男2]あるいは[中1]のように -ко, -ка, -ку, -ка, -ком, -ке または[女2]のように -ко, -ки, -ке, -ку, -кой, -ке と変化することがある。

  20. 形容詞
    1. ①形容詞は,男性主格形を見出しとした。
    2. ②形容詞は,女性,中性,複数形,および格変化の仕方によって,以下の変化表のように分類でき,[形1] [形3] のように品詞と変化のタイプを示した。
    3. 形容詞長語尾の格変化語尾(*単数男性および全ての性の複数において,不活動体名詞にかかる場合は対格形=主格形,活動体名詞にかかる場合は対格形=生格形となる)
    4. 単数 複数
      * *
      形1 -ый

      -ый
      -ая
      -ое
      -ого
      -ой
      -ого
      -ому
      -ой
      -ому
      =生/主
      -ую
      -ое
      -ым
      -ой
      -ым
      -ом
      -ой
      -ом
      -ые -ых -ым =生/主 -ыми -ых
      形2 -о́й

      -о́й
      -а́я
      -о́е
      -о́го
      -о́й
      -о́го
      -о́му
      -о́й
      -о́му
      =生/主
      -у́ю
      -о́е
      -ы́м
      -о́й
      -ы́м
      -о́м
      -о́й
      -о́м
      -ы́е -ы́х -ы́м =生/主 -ы́ми -ы́х
      形3 ..г-ий
      ..к-ий
      ..х-ий


      -ий
      -ая
      -ое
      -ого
      -ой
      -ого
      -ому
      -ой
      -ому
      =生/主
      -ую
      -ое
      -им
      -ой
      -им
      -ом
      -ой
      -ом
      -ие -их -им =生/主 -ими -их
      形4 ..г-о́й
      ..к-о́й
      ..х-о́й


      -о́й
      -а́я
      -о́е
      -о́го
      -о́й
      -о́го
      -о́му
      -о́й
      -о́му
      =生/主
      -у́ю
      -о́е
      -и́м
      -о́й
      -и́м
      -о́м
      -о́й
      -о́м
      -и́е -и́х -и́м =生/主 -и́ми -и́х
      形5 ..ц-ый

      -ый
      -ая
      -ее
      -его
      -ей
      -его
      -ему
      -ей
      -ему
      =生/主
      -ую
      -ее
      -ым
      -ей
      -ым
      -ем
      -ей
      -ем
      -ые -ых -ым =生/主 -ыми -ых
      形6 ..ж-ий
      ..ч-ий
      ..ш-ий
      ..щ-ий


      -ий
      -ая
      -ее
      -его
      -ей
      -его
      -ему
      -ей
      -ему
      =生/主
      -ую
      -ее
      -им
      -ей
      -им
      -ем
      -ей
      -ем
      -ие -их -им =生/主 -ими -их
      形7 ..ж-о́й
      ..ш-о́й


      -о́й
      -а́я
      -о́е
      -о́го
      -о́й
      -о́го
      -о́му
      -о́й
      -о́му
      =生/主
      -у́ю
      -о́е
      -и́м
      -о́й
      -и́м
      -о́м
      -о́й
      -о́м
      -и́е -и́х -и́м =生/主 -и́ми -и́х
      形8 -ий

      -ий
      -яя
      -ее
      -его
      -ей
      -его
      -ему
      -ей
      -ему
      =生/主
      -юю
      -ее
      -им
      -ей
      -им
      -ем
      -ей
      -ем
      -ие -их -им =生/主 -ими -их
      形9 -ий

      -ий
      -ья
      -ье
      -ьего
      -ьей
      -ьего
      -ьему
      -ьей
      -ьему
      =生/主
      -ью
      -ье
      -ьим
      -ьей
      -ьим
      -ьем
      -ьей
      -ьем
      -ьи -ьих -ьим =生/主 -ьими -ьих
      形10 ..ов-
      ..ев-
      ..ёв-


      -


      -ой

      -ой
      =生/主

      -ым
      -ой
      -ым
      -ом
      -ой
      -ом
      -ых -ым =生/主 -ыми -ых
      形11 ..ин-
      ..ын-


      -

      -ого/-а
      -ой
      -ого/-а
      -ому/-у
      -ой
      -ому/-у
      =生/主

      -ым
      -ой
      -ым
      -ом
      -ой
      -ом
      -ых -ым =生/主 -ыми -ых
      形12 ..и́н-

      -
      -а́
      -о́
      -а́
      -о́й
      -а́
      -у́
      -о́й
      -у́
      =生/主
      -у́
      -о́
      -ы́м
      -о́й
      -ы́м
      -о́м
      -о́й
      -о́м
      -ы́ -ы́х -ы́м =生/主 -ы́ми -ы́х
    5. ④形容詞が名詞として用いられる場合は,変化のタイプと [男名] [女名] [中名] [複名] のように示した。
    6. **ру́сский2 (形3変化) [男名] / ру́сская [女名]

    7. ⑤短語尾は,見出しの直後に,短 ... のように挙げた。
      1. ・女性・中性・複数形で -а, -о, -ы の語尾が付くだけのものについては,男性形のみを挙げた。
      2. **краси́вый -и́в [形1]

          (→短語尾は краси́в, краси́ва, краси́во, краси́вы
      3. ・出没母音がある場合やアクセントの移動がある場合は,必要なところまで記述した。また,バリアントがある場合は / で区切って示した。
      4. *бе́режный -жен, -жна [形1]

          (→短語尾は бе́режен, бе́режна, бе́режно, бе́режны

        **ва́жный -жен, -жна́, -жно, -жны/-жны́ [形1]

        **далёкий -лёк, -лека́, -леко́/-лёко [形3]

          (→短語尾は далёк, далека́, далеко́/далёко, далеки́/далёки

        *ги́бкий -бок, -бка́, -бко [形1]

          (→短語尾は ги́бок, гибка́, ги́бко, ги́бки
      5. ・比較級,最上級は,比 ... 最上 ... のように挙げた。
      6. **бли́зкий ... 比бли́же 最上ближа́йший [形3]

    8. 形容詞短語尾の変化語尾
    9. 形1・2 形3・4 形5 形6 形8



      -


      -


      -


      -





  21. 動詞
    1. ①移動動詞での不定動詞,定動詞の表示は,品詞の直後に[定][不定]を添えた。また,それぞれに対応する定動詞,不定動詞の形も挙げた。
    2. **лета́ть [不完] [不定] 〔定лете́ть

      **идти́ [不完] [定] 〔不定ходи́ть

    3. ②一回体と多回体の表示も,品詞の直後に [一回],[多回] を添えた。
    4. *а́хать [不完] / а́хнуть [完] [一回]

      га́щивать [不完] [多回]

    5. 動詞の変化一覧
    6. 第1変化 第1変化
      不規則動詞
      第1変化
      不規則動詞
      (アクセント移動あり)
      第2変化動詞
      不定形 чита́ть вести́ писа́ть храни́ть
      現在形 чита́ю
      чита́ешь
      чита́ет
      чита́ем
      чита́ете
      чита́ют
      веду́
      ведёшь
      ведёт
      ведём
      ведёте
      веду́т
      пишу́
      пи́шешь
      пи́шет
      пи́шем
      пи́шете
      пи́шут
      храню́
      храни́шь
      храни́т
      храни́м
      храни́те
      храня́т
      命令形 чита́й веди́ пиши́ храни́
      過去形 чита́л
      чита́ла
      чита́ло
      чита́ли
      вёл
      вела́
      вело́
      вели́
      писа́л
      писа́ла
      писа́ло
      писа́ли
      храни́л
      храни́ла
      храни́ло
      храни́ли
      能動分詞現在 чита́ющий веду́щий пи́шущий храня́щий
      能動分詞過去 чита́вший ве́дший писа́вший храни́вший
      受動分詞現在 чита́емый ведо́мый храни́мый
      受動分詞過去 чи́танный ведённый пи́санный хранённый
      副分詞 чита́я ведя́ храня́

      第2変化
      唇音交替
      第2変化
      唇音交替
      第2変化
      (アクセント移動あり)
      -ся動詞
      [不完]
      不定形 чи́стить гото́вить носи́ть бра́ться
      現在形 чи́щу
      чи́стишь
      чи́стит
      чи́стим
      чи́стите
      чи́стят
      гото́влю
      гото́вишь
      гото́вит
      гото́вим
      гото́вите
      гото́вят
      ношу́
      но́сишь
      но́сит
      но́сим
      но́сите
      но́сят
      беру́сь
      берёшься
      берётся
      берёмся
      берётесь
      беру́тся
      命令形 чи́сти гото́вь носи́ бери́сь
      過去形 чи́стил
      чи́стила
      чи́стило
      чи́стили
      гото́вил
      гото́вила
      гото́вило
      гото́вили
      носи́л
      носи́ла
      носи́ло
      носи́ли
      бра́лся
      брала́сь
      брало́сь
      брали́сь
      能動分詞現在 чи́стящий гото́вящий нося́щий беру́щийся
      能動分詞過去 чи́стивший гото́вивший носи́вший бра́вшийся
      受動分詞現在 гото́вимый носи́мый
      受動分詞過去 чи́щенный гото́вленный но́шенный
      副分詞 чи́стя гото́вя нося́ беря́сь

      -ся動詞
      [完]
      -овать -авать -нуть
      不定形 взя́ться рисова́ть дава́ть гну́ть
      現在形 возьму́сь
      возьмёшься
      возьмётся
      возьмёмся
      возьмётесь
      возьму́тся
      рису́ю
      рису́ешь
      рису́ет
      рису́ем
      рису́ете
      рису́ют
      даю́
      даёшь
      даёт
      даём
      даёте
      даю́т
      гну́
      гнёшь
      гнёт
      гнём
      гнёте
      гну́т
      命令形 возьми́сь рису́й дава́й гни́
      過去形 взя́лся
      взяла́сь
      взяло́сь
      взяли́сь
      рисова́л
      рисова́ла
      рисова́ло
      рисова́ли
      дава́л
      дава́ла
      дава́ло
      дава́ли
      гну́л
      гну́ла
      гну́ло
      гну́ли
      能動分詞現在 рису́ющий даю́щий гну́щий
      能動分詞過去 взя́вшийся рисова́вший дава́вший гну́вший
      受動分詞現在 рису́емый дава́емый
      受動分詞過去 рисо́ванный гну́тый
      副分詞 взя́вшись рису́я дава́я
    7. 変化形の表示法の原則は,変化形のハイフン(-)直後の文字を不定形内にある同一の文字に接続することによって得られる。
    8. маскирова́ть -ру́ю, -ру́ешь  (→現在形は максиру́ю, максиру́ешь

      完了体動詞が不完了体動詞に接頭辞が付いて作られる場合,現在形,命令形および過去形は,不完了体動詞にのみ表示。

      **смотре́ть ... смотрю́, смо́тришь-ри́ 受過смо́тренный 副分-ря́ [不完] / посмотре́ть ... [完]

      追い込みで派生語として示された -ся動詞の変化形は,-сяを除いた部分が,派生元の変化形と同じ場合は特に示さなかった。

      *вле́чь ... // ~ся

    9. 【現在形】
      1. ・第1変化規則動詞は変化形を示さず。
      2. **чита́ть

      3. ・第1変化不規動詞および第2変化動詞は1人称単数現在形および2人称単数現在形のみを示した。
      4. **жи́ть живу́, живёшь

        **говори́ть -рю́, -ри́шь

      5. ・第1変化不規則動詞のうち3人称複数現在形の現在語幹が2人称単数現在形のそれと異なる場合は3人称複数形も示した。
      6. **ле́чь ля́гу, ля́жешь, ... -ля́гут

      7. ・最重要語(**)のみ第2変化動詞のうち,歯音交替および唇音交替が起こる動詞は3人称複数現在形も示した(重要語(*)およびその他の動詞は上と同じ)。
      8. **е́здить е́зжу, е́здишь, ... е́здят

        **гото́вить -влю, -вишь, ... -вят

      9. ・アクセントが移動する動詞も,表示法は上と同じ。
      10. **писа́ть пишу́, пи́шешь

      11. ・その他特殊な変化をする動詞は適宜必要な形を示した。
      12. **да́ть да́м, да́шь да́ст, дади́м, дади́те, даду́т

        **дви́гать -аю/дви́жу, -аешь/дви́жешь

    10. 【命令形】
      1. ・第1変化規則動詞の命令形は示さず。
      2. 最重要語(**)のみ第1変化不規則動詞および第2変化動詞はすべての動詞において命令形を示した(重要語(*)およびその他の動詞は以下の場合を除き命令形を示さない)。
      3. **жи́ть живу́, живёшьживи́

        **говори́ть -рю́, -ри́шь-ри́

        *ликвиди́ровать -рую, -руешь

        *уговори́ть -рю́, -ри́шь

      4. ・第1変化不規則動詞で現在語幹に子音交替があるとき,すべての動詞において命令形を示した。
      5. сбере́чь -регу́, -режёшь, ... -регу́т-реги́

      6. ・現在語幹が子音連続で終わり命令形の語尾が -иになるとき,すべての動詞において命令形を示した。
      7. припо́мнить -ню, -нишь-ни

      8. ・その他不規則な形の命令形をもつものはすべて示した。
      9. **дава́ть даю́, даёшьдава́й 副分дава́я

    11. 【過去形】
      1. ・不定形の -ть-л, -ла, -ло, -ли に換えて過去形が作られるものは示さない。
      2. ・過去形が不規則な変化をする場合は(アクセントの移動も含む),最後に提示されているものに則してその他の形も作られるものとして,最小限の情報を示した。
      3. **нести́1 ... 過нёс, несла́

        **се́сть ... 過се́л

        **зва́ть зову́, зовёшьзва́л, -ла́, -ло

    12. 【能動分詞現在形】
      1. 能動分詞現在形は現在3人称複数形の -щий に代えることにより得られ,そのアクセントは,第1変化動詞(第1変化不規則動詞を含む)は現在3人称複数形と同じ位置にあり,一方,第2変化動詞は不定形と同じ位置にある。能動分詞現在形は,この規則から外れるもののみを示した。能動分詞現在形は不完了体動詞においてのみ形成される。
      2. **мо́чь2 могу́, мо́жешь, ... мо́гут ... 能現могу́щий

        **люби́ть люблю́, лю́бишь ... 能現лю́бящий

    13. 【能動分詞過去形】
      1. 能動分詞過去形は過去男性単数形の -вший に替えることによって得られる。能動分詞過去形は,過去男性単数形の作り方が不規則であり,能動分詞過去形のあるもののみを示した。能動分詞過去形は不完了体動詞および完了体動詞の双方において形成される。
      2. **се́сть ... 過се́л 能過се́вший

    14. 【受動分詞現在形】
      1. 受動分詞現在形は現在1人称複数形に語尾 -ый を付けることにより得られ,そのアクセントは現在1人称単数形と同じ位置に置かれる。受動分詞現在形は,この規則から外れるもので,受動分詞過去形のあるもののみを示した。受動分詞現在形は不完了体動詞のみにおいて形成される。
      2. **вести́ веду́, ведёшь ... 受現ведо́мый

    15. 【受動分詞過去形】
      1. 受動分詞過去形はその形があるものはすべて示した。その短語尾形でアクセントが移動する場合,それも( )内に示した。
      2. **реши́ть ... 受過-шённый (-шён, -шена́)

    16. 【副分詞形】
      1. ・不完了体副分詞形は現在3人称複数形の語幹に語尾 を付けることにより得られ,そのアクセントは現在1人称単数形と同じ位置に置かれる。不完了体副分詞形は,この規則から外れるもので,副分詞形のあるもののみを示した。
      2. **лежа́ть ... 副分лёжа

      3. ・完了体副分詞形は過去男性単数形の -ся動詞は -вши-)に替えることによって得られる。完了体副分詞形は,過去男性単数形の作り方が不規則であり,副分詞形のあるもののみを示した。
      4. прийти́ ... 副分придя́

  22. 和露編
    1. 巻末に,約1万項目の和露辞典を付けた。名詞の性や動詞の不完了体,完了体の表示は省略したので,必要に応じて露和編を参照してほしい。
  23. 主な参考文献
    1. (1) Аванесов, Р.И. Русское литературное произношение. 6-е изд., перераб. и доп. М., 1984.
    2. (2) Александрова, З.Е. Словарь синонимов русского языка: практический справочник: ок. 11000 синоним. рядов. 11-е изд., перер. и доп. М., 2001.
    3. (3) Аникин, В.П. Русские пословицы и поговорки. М., 1988.
    4. (4) АН СССР. Орфографический словарь русского языка. 13-е изд., исп. и доп. М., 1974.
    5. (5) АН СССР. Русская грамматика / Гл. ред. Н.Ю. Шведова. М., 1980.
    6. (6) АН СССР. Словарь современного русского литературного языка: в 17 т. М., 1948–1965.
    7. (7) АН СССР. Словарь русского языка: в 4-х т. 2-е изд., испр. и доп. / Под ред. А. П. Евгеньевой. М., 1981–1984.
    8. (8) Большой толковый словарь русского языка / Под ред. С.А. Кузнецова. СПб., 1998.
    9. (9) Горбачевич, К.С. Словарь трудностей современного русского языка. СПб., 2003.
    10. (10) Грачёв, М.А. Толковый словарь русского жаргона. М., 2006.
    11. (11) Даль, В.И. Толковый словарь живого великорусского языка. Изд. 7-е. М., 1978-1980.
    12. (12) Елистратов, В.С. Словарь русского арго: материалы 1980–1990 гг. М., 1994.
    13. (13) Ефремова, Т.Ф. Современный толковый словарь русского языка: в 3 т. М, 2000.
    14. (14) Зализняк, А.А. Грамматический словарь русского языка: словоизменение. 4-е изд., испр. и доп. М., 2003.
    15. (15) Зарубин, С.Ф., Рожецкин, А.М. Большой русско-японский словарь. М., 2010.
    16. (16) Иванова, Т.Ф. Новый орфоэпический словарь русского языка. Произношение. Ударение. Грамматические формы. 7-е изд., стереотип. М., 2011.
    17. (17) Иллюстрированный словарь английского и русского языка с указателями. М., 2003.
    18. (18) Каленчук, М.Л., Касаткин, Л.Л., Касаткина, Р.Ф. Большой орфоэпический словарь русского языка. М., 2012.
    19. (19) Квеселевич, Д.И. Толковый словарь ненормативной лексики русского языка: 16 тысяч единиц. М., 2003.
    20. (20) Лингвистический энциклопедический словарь. 2-е изд., доп. / Гл. ред., В.Н. Ярцева. М., 2002.
    21. (21) Львов, М.Р. Словарь антонимов русского языка / Под ред. Л.А. Новикова. М., 1997.
    22. (22) Ляшевская, О.Н., Шаров, С.А. Частотный словарь современного русского языка. На материалах национального корпуса русского языка. М., 2009.
    23. (23) Михельсон, М.И. Опыт Русской фразеологии. СПб., 1912.
    24. (24) Мокиенко, В.М., Никитина, Т.Г. Большой словарь русского жаргона. СПб., 2000.
    25. (25) Новые слова и значения: словарь-справочник по материалам прессы и литературы 70-х гг. / Под ред. Н.З. Котеловой. М., 1984.
    26. (26) Новые слова и значения: словарь справочник по материалам прессы и литературы 80-х гг. / Под ред. Е.А. Левашова. СПб., 1997.
    27. (27) Новые слова и значения. Словарь-справочник по материалам прессы и литературы 90-х гг ХХ века: в 2 т. / Отв. ред. Т.Н. Буцева. СПб., 2009.
    28. (28) Ожегов, С.И., Шведова, Н.Ю. Толковый словарь русского языка. 4-е изд., доп. М., 1997.
    29. (29) Орфоэпический словарь русского языка: произношение, ударение, грамматические формы / Под ред. Р. И. Аванесова. М., 1983.
    30. (30) Регинина, К.В., Тюрина, Г.П., Широкова, Л.И. Устойчивые словосочетания русского языка. М., 1976.
    31. (31) Система лексических минимумов современного русского языка. 10 лексических списков от 500 до 5,000 самых важных русских слов / Под ред. В.В. Морковкина. М., 2003.
    32. (32) Словарь сокращений русского языка. 4-е изд., стереотип. / Под ред. Д.И. Алексеева. М., 1983.
    33. (33) Словарь сочетаемости слов русского языка. 2-е изд., испр. / Под ред. П. Н. Денисова, В. В. Морковкина. М., 1983.
    34. (34) Толковый словарь русского языка / Под ред. Д.В. Дмитриева. М., 2003.
    35. (35) Фразеологический словарь русского языка. 4-е изд., стереотип. / Под ред. А.И. Молоткова. М., 1987.
    36. (36) РАН. Большой академический словарь русского языка. М.; СПб., 2004–
    37. (37) РАН. Толковый словарь современного русского языка. Языковые изменения конца ХХ столетия / Под ред. Г.Н. Скляревской. М., 2001.
    38. (38) Толковый словарь русского языка: в 4-х т. / Под ред. Д.Н. Ушакова. М., 1935-1940.
    39. (39) Частотный словарь современного русского языка / Под ред. Л. Лённгрена. Uppsala, 1993.
    40. (40) Dmitry Yermolovich. Russian-English/English-Russian Practical Dictionary. New York., 2011.
    41. (41) Oxford Russian Dictionary / Russian-English, ed. by Marcus Wheeler and Boris Unbegaun ; English-Russian, ed. by Paul Falla ; rev. and updated by Della Thompson. – 4th ed. – New York, 2007.

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android