コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

(人権理事会による人権状況の)普遍的定期審査 ふへんてきていきしんさ/じんけんりじかいによるじんけんじょうきょうのふへんてきていきしんさUniversal Periodic Review(UPR)

1件 の用語解説((人権理事会による人権状況の)普遍的定期審査の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

(人権理事会による人権状況の)普遍的定期審査

国連人権理事会は、2007年6月18日、その「制度構築決議」によって、新たに加盟国の人権状況の「普遍的定期審査」制度を設け、各国政府報告書の審査を行う。その順序はくじ引きで決定され、日本の審査は、08年5月5日から2週間にわたって開催される作業部会で行われることになった。

(宮崎繁樹 明治大学名誉教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

(人権理事会による人権状況の)普遍的定期審査の関連キーワードアルジェリアの要覧イタリアの要覧インドの要覧インドネシアの要覧ウガンダの要覧ウクライナの要覧ウルグアイの要覧エクアドルの要覧エジプトの要覧オマーンの要覧

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone