コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Īō イオ

大辞林 第三版の解説

イオ【Īō】

○ ギリシャ神話で、ゼウスの妃ヘラの女神官。ゼウスの愛を受けた。ヘラの嫉妬しつとを避けるためゼウスはイオを白い牝牛めうしに変えたが、イオはヘラの送った虻あぶによって苦しめられ狂乱のうちに世界をさまよい続けてついにエジプトに着いた。エジプトの女神イシスと同一視される。
[1] 木星の第一衛星。1610年、ガリレイが発見。半径1821キロメートル。活動中の火山がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

Īōの関連キーワードギリシャ神話ガリレイエジプトゼウスイオ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android