コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

γカルボキシグルタミン酸

1件 の用語解説(γカルボキシグルタミン酸の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

γカルボキシグルタミン酸

 C6H9NO6 (mw191.14).

 タンパク質中のグルタミン酸の4位の炭素がカルボキシル化された化合物で,血液凝固系のタンパク質のいくつかなどの特定のグルタミン酸がカルボキシル化されて生成.コファクターとしてビタミンKが必要で,ビタミンK欠乏時に血液凝固時間が長くなるのは,γ-カルボキシル化が起こらずタンパク質とカルシウムとの結合が弱くなるためと説明される.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

γカルボキシグルタミン酸の関連キーワードケイ素百韻不足数ジペプチジルアミノペプチダーゼニトリロ三酢酸県犬養石次モーツァルト:ピアノ協奏曲 第14番 変ホ長調/piano and orchestra(concerto)モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第14番 ハ短調/piano soloバルトーク:14のピアノの小品(14のパガテル)/piano soloドゥシェク:ソナタ(14曲)/piano solo

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone