コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

δ-アミノレブリン酸 デルタアミノレブリンさんδ-amino-levulinic acid;δ-ALA

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

δ-アミノレブリン酸
デルタアミノレブリンさん
δ-amino-levulinic acid;δ-ALA

C5H9O3N 。ポルフィリンなどの生合成中間体。幼若赤血球のミトコンドリアにある δ -アミノレブリン酸合成酵素によって,グリシンとサクシニル補酵素Aから生成される。ある種の肝性ポルフィリン症では,肝臓内にこの ALAが大量に蓄積する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

δ-アミノレブリン酸の関連キーワードアミノレブリン酸デヒドラターゼδポルホビリノーゲンコプロポルフィリンアミノレブリン酸

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android