生合成(読み)せいごうせい(英語表記)biosynthesis

翻訳|biosynthesis

日本大百科全書(ニッポニカ)「生合成」の解説

生合成
せいごうせい
biosynthesis

生体によって行われる合成物質代謝をさし、簡単な化合物から複雑な化合物がつくられる。なお、生体抽出成分による生体外での反応も、これに含まれる。

 生合成の主役は酵素であり、生体は外界から摂取した物質をもとに、多くの段階からなる酵素反応によって目的の物質、たとえばタンパク質、核酸、糖、脂質、ホルモン、アミノ酸などのほか、構造体である細胞質やリボゾームなどを形成する。すなわち、生理的には生物体が複雑な物質からより簡単な物質に分解する異化過程とは逆の意義をもち、生体構成物質のほか、必要成分の合成、補給、貯蔵に関与している。

 一般的に生合成過程はエネルギー要求性であり、反応に際してはエネルギー供給反応と共役(連動しあう)し、呼吸や発酵などによって生ずる高エネルギーリン酸結合(ATPなど)を必要とする場合が多い。また生合成は、主として酵素反応であるから特異性に富むなど、酵素反応のもつ諸特性を示す。この性質を利用して実験的にも工業的にも種々の物質の選択的合成が可能である。生合成の過程は、放射性同位体(ラジオ・アイソトープ)を含む物質を与えて生成物の放射能やその分子内分布を測定したり、おもに微生物に対して種々の突然変異体を用い、その栄養要求性、貯蔵物質、接合体、生現象などを観察して生合成過程を解析する遺伝生化学的方法などにより、中間代謝の解明が急速に進められた。

[景山 眞]

『大岳望著『新化学ライブラリー 生合成の化学』(1986・大日本図書)』『山中健生著『生化学入門』(1997・学会出版センター)』『畑中研一ほか著『糖質の科学と工学』(1997・講談社)』『左右田健次ほか著『タンパク質――科学と工学』(1999・講談社)』『丸山工作著『生化学入門』(1999・裳華房)』『大久保岩男・賀佐伸省編『コンパクト生化学』(2001・南江堂)』『猪飼篤著『基礎分子生物学1 巨大分子』(2002・朝倉書店)』『秋久俊博ほか著『資源天然物化学』(2002・共立出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「生合成」の解説

生合成【せいごうせい】

生体内で起こる合成的な化学反応をいう。反応速度酵素または酵素系によって調節される。普通,エネルギー供給反応との共役を必要とし,好気的には呼吸,嫌気的には解糖がその役割を果たす。いずれの場合も,供給エネルギーとしてATPが用いられることが多い。工業的な合成との大きな違いは温和な条件のもとでエネルギーおよび資源の無駄がほとんどない形で反応がすすむ点にある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「生合成」の解説

せい‐ごうせい ‥ガフセイ【生合成】

〘名〙 生体内の生理的反応による合成。人工による化学合成に対する語。生体からとり出した酵素を生体外で用いる合成では、反応の本質は生体内と変わることがないとみて、生合成と呼ぶ。〔からだと食物(1959)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「生合成」の解説

生合成
せいごうせい
biosynthesis

生物体によって行われる合成的化学変化の総称。事実上すべて酵素反応であり,特異性が高く,また ADP→ATP のエネルギー放出と共役して,複雑な化合物や高エネルギー化合物を合成する反応もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「生合成」の解説

せいごうせい【生合成 biosynthesis】

生体内で,簡単な化合物から複雑な化合物が作られることを生合成という。生合成されるものの例として,タンパク質,核酸,糖,脂質,補酵素,ホルモン,抗生物質,ヘムヌクレオチド,アミノ酸などを始め,構造体である細胞膜,リボソームなど多くのものを挙げることができる。 生合成は酵素を触媒として行われる。したがって,多くの生物におけるような1気圧,37℃前後の温度,中性付近のpHという温和な条件下であるにもかかわらず,さまざまな反応が進む。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android