《大門口鎧襲》(読み)おおもんぐちよろいがさね

世界大百科事典内の《大門口鎧襲》の言及

【並木宗輔】より

…豊竹座の立作者は為永太郎兵衛に代わり,宗輔は翌42年,補導の形で太郎兵衛の脇作者として《道成寺現在蛇鱗(うろこ)》(現行の景事《日高川》の原型)など3作を書き,また越前少掾に同行して江戸肥前座におもむいたが,この年限りで豊竹座を辞し,歌舞伎作者に転じた。
[歌舞伎作者時代]
 1742年(寛保2)末から大坂岩井半四郎座,43年末から大坂中村十蔵座の立作者となり,安田蛙文,並木栄(永)輔らと合作し,《大井川三組盃》《大門口鎧襲(よろいがさね)》(ともに1743)などの秀作を世に問うた。後者は初世沢村宗十郎の油計り庄九郎が大好評を博し,セリ上げを効果に用いた初期の例としても知られている。…

※「《大門口鎧襲》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android