コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《家桜傾城姿》 いえざくらけいせいすがた

世界大百科事典内の《家桜傾城姿》の言及

【浅間物】より

…江戸中にねずみの糞と夕霞の浄瑠璃本のない家はないなどといわれたほど流行した作。(2)《家桜傾城姿》。一中節。…

※「《家桜傾城姿》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《家桜傾城姿》の関連キーワード都太夫一中吉村 雄輝浅間物浅間嶽

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android