コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《幾菊蝶初音道行》 いつもきくちょうはつねのみちゆき

世界大百科事典内の《幾菊蝶初音道行》の言及

【忠信】より

…【横道 万里雄】(2)歌舞伎舞踊 清元。本名題《幾菊蝶初音道行(いつもきくちようはつねのみちゆき)》。別称《吉野山》。…

【義経千本桜】より

…鑑賞の要点は,〈鳥居前〉の忠信の狐六方,品格と大きさ,悲壮感を求められる知盛の役づくり,典侍の局の世話女房から局への変化,権太を江戸っ子として扱う菊五郎系演出と,大和のごろつきとして演じる団蔵系の演出との差異,狐忠信の狐言葉や,超能力を表す特殊演出などにあり,また知盛,権太,忠信を一人で演じ分けるのが名優の条件とされている。なお,江戸歌舞伎では道行を豊後系浄瑠璃に改めて上演する場合が多く,なかでも1808年(文化5)中村座所演の《幾菊蝶初音道行(いつもきくちようはつねのみちゆき)》(通称《忠信》)が名高い。【今尾 哲也】。…

※「《幾菊蝶初音道行》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《幾菊蝶初音道行》の関連キーワード道行初音旅道行物

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android