コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Sūr Sāgar》 SurSagar

世界大百科事典内の《Sūr Sāgar》の言及

【スールダース】より

…その生涯,作品などについては不明な点が多いが,宗派内で編まれた信徒列伝の類によると,1478年にデリー近郊のバラモンの家に生まれ,青年期にバッラバ師から《バーガバタ・プラーナ》の講釈を聞いてクリシュナ信仰の道にはいり,ブリンダーバン近くのゴークルにバッラバ師が開いたシュリーナート寺院の賛歌詠唱者として迎えられて多数の情感豊かな賛歌を残し,1584年に寺院近くの湖のほとりで没したという。 彼の作とされる膨大な抒情的短詩は《スール・サーガルSūr Sāgar》に収められているが,その大多数はシュリーナート寺院で詠唱する賛歌としてつくられたものである。ビシュヌ神がクリシュナに化身して,無邪気な幼児の姿で戯れるさまを母ヤショーダーの目から写した慈愛あふれる詩,青年になったクリシュナを後に妃となったラーダーと周囲の牧女たちが恋い慕うさまを描いた恋愛詩は,今日まで愛唱されてきており,バクティの平易にして視覚的な表現に成功している点で,後代の思想と文学に大きな影響を及ぼした。…

※「《Sūr Sāgar》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《Sūr Sāgar》の関連キーワードシンクベトリル国立公園スカフタフェットル国立公園バーガル島バトナヨークトル国立公園ボーアル島ミズガルズ蛇ガウリサンカール[山]ガスムロスナーガールジュナコンダ愛染明王

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android