コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Suvarṇa-vṛtti》 Suvarnavrtti

世界大百科事典内の《Suvarṇa-vṛtti》の言及

【金七十論】より

…古代インド,サーンキヤ学派の根本典籍《サーンキヤ・カーリカー(数論頌)》の古注で,6世紀中ごろ真諦(しんだい)によって漢訳された。著者は不明,サンスクリット原本も発見されていないが,最近テキストが刊行された《スバルナ・ブリッティSuvarṇa‐vṛtti》は内容的に類似点が多く,本書の原本と推定する学者もある。現存する外道典籍の漢訳としては,本書と《勝宗十句義論》の2書があるのみ。…

※「《Suvarṇa-vṛtti》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《Suvarṇa-vṛtti》の関連キーワード金七十論黄金国ロッチアニルッダ閻浮檀金金光明経閻浮檀金

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android