コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『一房の葡萄』 ヒトフサノブドウ

とっさの日本語便利帳の解説

『一房の葡萄』

有島武郎
僕は小さい時に絵を描くことが好きでした。僕の通っていた学校は横浜の山の手という所にありましたが、そこいらは西洋人ばかり住んでいる町で、僕の学校の教師は西洋人ばかりでした。\(一九二二)

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

『一房の葡萄』の関連キーワード小川国夫赤い鳥

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android