コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『或る女』 アルオンナ

とっさの日本語便利帳の解説

『或る女』

有島武郎
新橋を渡る時、発車を知らせる二番目の鈴が、霧とまではいえない九月の朝の、煙った空気に包まれて聞えて来た。\(一九一九)

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

『或る女』の関連キーワード佐々城 信子そわそわしい構い付ける説伏・説服看視・観視しだらない飛び退る揉みくた有島武郎弱り込む鈍ましい高慢ちき我慢にもだちだち義理尽く後先無し苛苛しい盗み笑い或る女誇りが

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android