コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『或る女』 アルオンナ

とっさの日本語便利帳の解説

『或る女』

有島武郎
新橋を渡る時、発車を知らせる二番目の鈴が、霧とまではいえない九月の朝の、煙った空気に包まれて聞えて来た。\(一九一九)

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

『或る女』の関連キーワードそわそわしい妖婉・妖艶看視・観視構い付ける説伏・説服指を染める後先無し高慢ちきだちだち苛苛しい飛び退る鈍ましい有島武郎盗み笑い揉みくた弱り込む義理尽く我慢にも押並ぶ骨張る