コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あいづじげん

デジタル大辞泉プラスの解説

あいづじげん

福島県大沼郡会津美里町で主に活動する地域キャラクター。2011年登場。卵がモチーフ。目の周りが町の形に黒くなっている。全体の色は曜日ごとに白、赤、水色などに変化する。同町の合併5周年を記念して制作。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

あいづじげんの関連キーワード福島県大沼郡会津美里町

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android