あすか観測拠点(読み)あすかかんそくきょてん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

あすか観測拠点
あすかかんそくきょてん

南極大陸の日本第3の観測基地。クイーンモードランドのプリンセスラグンヒルド海岸セロンダン山脈の北側,南緯 71°31′,東経 24°07′に位置する。昭和,みずほ両基地に続いて 1985年1月に第 26次観測隊が設置し,同年3月「飛鳥時代」にちなんで命名。以降毎年観測が続けられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android