あんべし(読み)アンベシ

デジタル大辞泉の解説

あん◦べし

[連語]《動詞「あり」の連体形に推量の助動詞「べし」が付いた「あるべし」の音変化》当然あるはずだ。きっとあるだろう。あべし。
「ひがひがしき心のたぐひやは、また世に―◦べかめる」〈・総角〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あんべし

( 連語 )
〔動詞「あり」に助動詞「べし」の接続した「あるべし」の転〕
あるだろう。あるはずだ。 「いたく人にも見知られむにも、はばかり-・べければ/更級」 〔「あべし」と表記されることが多い〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android