推量(読み)スイリョウ

  • おしはかり
  • すいりょう〔リヤウ〕

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
物事の状態・程度や他人の心中などをおしはかること。推測。「胸中を推量する」「当て推量
推察用法
文法で、1の意を表す言い方。動詞に、文語では助動詞「」「むず」「まし」「けむ」「らむ」「らし」「めり」など、口語では助動詞」「よう」「らしい」や「だろう」「でしょう」などの語を付て言い表す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 人の気持やものの状態などを推量すること。
※源氏(1001‐14頃)手習「それなめりと、おしはかりに聞けど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android