コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いもち病(オオクサキビ)

飼料作物病害図鑑の解説

いもち病(オオクサキビ)

暖地で発生が多い斑点性の糸状菌病。病斑は短い紡錘形で、灰白色、周縁部は褐色となることが多い。大きさは長さ2-5mm程度であるが、激発すると病斑が融合し、葉全体を枯らす。病原菌の種については、まだ十分検討されていない。

出典|畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について | 情報

いもち病(オオクサキビ)の関連キーワードコシヒカリとコシヒカリBLGMイネとディフェンシンメラニン生合成阻害剤いもち病(フェスク)リン脂質生合成阻害剤コシヒカリとBL米いもち病(稲熱病)ブラストサイジンSケイ(珪)酸肥料プロベナゾールカスガマイシンコシヒカリBL農用抗生物質坂本 正幸植物病理学寛永の飢饉植物菌類病つぶぞろいこしひかりささにしき

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android