コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いもち病(オオクサキビ)

1件 の用語解説(いもち病(オオクサキビ)の意味・用語解説を検索)

飼料作物病害図鑑の解説

いもち病(オオクサキビ)

暖地で発生が多い斑点性の糸状菌病。病斑は短い紡錘形で、灰白色、周縁部は褐色となることが多い。大きさは長さ2-5mm程度であるが、激発すると病斑が融合し、葉全体を枯らす。病原菌の種については、まだ十分検討されていない。

出典|畜産草地研究所
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いもち病(オオクサキビ)の関連キーワード網斑病(ライグラス)いもち病(ライグラス)いもち病(リードカナリーグラス)いもち病(スィートバーナルグラス)いもち病(ラブグラス類)褐点病(ローズグラス)いもち病(キクユグラス)いもち病(グリーンパニック)いもち病(シコクビエ)環紋病(ノシバ)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone