コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うひ山ぶみ ウイヤマブミ

デジタル大辞泉の解説

ういやまぶみ【うひ山ぶみ】[書名]

江戸後期の国学書。1巻。本居宣長著。寛政10年(1798)成立。国学の入門書として、研究の心構えや態度を平明に説いたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ういやまぶみ【うひ山ぶみ】

国学書。一巻。本居宣長著。1798年成立。国学ひいては学問一般の意義・方法および学問をする態度について説いたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

うひ山ぶみの関連キーワード初山踏み学問

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android