コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本居宣長 もとおり のりなが

デジタル大辞泉の解説

もとおり‐のりなが〔もとをり‐〕【本居宣長】

[1730~1801]江戸中期の国学者。国学の四大人の一人。伊勢の人。号、舜庵(春庵)・鈴屋(すずのや)。京都に出て医学を修める一方、源氏物語などを研究。のち賀茂真淵に入門、古道研究を志し、「古事記伝」の著述に30余年専心。また、「てにをは」や用言の活用などの語学説、「もののあはれ」を中心とする文学論、上代の生活・精神を理想とする古道説など、多方面にわたって研究・著述に努めた。著「うひ山ぶみ」「石上私淑言(いそのかみささめごと)」「詞の玉緒」「源氏物語玉の小櫛(おぐし)」「古今集遠鏡」「玉勝間」「鈴屋集」など。
小林秀雄の長編評論。昭和40年(1965)から昭和51年(1976)まで「新潮」誌に連載。最終章を書き下ろし、全体を調整した上で、昭和52年(1977)刊行。翌年、第10回日本文学大賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

本居宣長【もとおりのりなが】

江戸中期の国学者。伊勢(いせ)国松坂に木綿商の子として生まれる。本姓は小津(おづ)氏,のち先祖の姓に復し本居を称する。幼名は富之助(とみのすけ),その後何度か改名。
→関連項目青山峠石清水物語開国論活語断続譜仮字遣奥山路源氏物語国語学古事記伝古道学字音仮名遣い私塾悉曇学橘曙覧橘守部直毘霊伴信友平田篤胤復古神道本居長世歴史的仮名遣い

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本居宣長 もとおり-のりなが

1730-1801 江戸時代中期-後期の国学者。
享保(きょうほう)15年5月7日生まれ。伊勢(いせ)(三重県)松坂の木綿商小津定利の子。本居は先祖の姓。母勝のすすめで京都に遊学し,堀景山に儒学をまなび荻生徂徠(おぎゅう-そらい)の学風や契沖(けいちゅう)の古典研究に啓発される。また武川幸順らに医学をまなび郷里で開業。かたわら国学を研究し,賀茂真淵(かもの-まぶち)に入門。古語の実証的分析をすすめ,日本独自の「古道」をとなえた。享和元年9月29日死去。72歳。通称は健蔵。号は春庵,鈴屋(すずのや)など。著作に「石上私淑言(いそのかみのささめごと)」「玉勝間(たまかつま)」「古事記伝」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

本居宣長

没年:享和1.9.29(1801.11.5)
生年:享保15.5.7(1730.6.21)
江戸時代の国学者。伊勢松坂(三重県松阪市)に生まれる。父は小津三四右衛門定利,母は勝。幼名は富之助。号は春庵。書斎の名にちなみ鈴屋とも号す。23歳の年医学修業のため京都に上る。堀景山に入門して漢学を学び,荻生徂徠,契沖 の学問にふれる。遊学中本居宣長と名を改める。28歳で松坂に帰り医師を開業,そのかたわら『源氏物語』の講義を始める。34歳のとき賀茂真淵が松坂に立ち寄った際に訪ね,生涯1度の対面をはたし,その冬正式に真淵の門人となる。以後『古事記』研究と並行して語学研究,評論執筆にいそしみ,門人多数となる。諡号を秋津彦美豆桜根大人と自ら定め,72歳で没す。実子春庭も国語学者。没後,門人を自称する平田篤胤が現れ独自の神道論を展開した。 宣長の終生の課題は,正しく日本文化に根ざした,借り物でない学問を築くことにあった。そのために強く主張したのは,日本人の心に深くしみついた漢意(自らはそれと気付かず中国流の発想をしてしまうこと)を取り除き,「やまとだましひ」(日本人の心の本来のあり方)をとり戻すことであった。その著『馭戎慨言』(1777)では日本外交史上に表れた漢意を批判し,『くず花』(1780),『鉗狂人』(1785),『呵刈葭』(1787以降刊)などでは,上田秋成ら同時代人の漢意ぶりを論難する。また晩年の『うひ山ぶみ』では,いかにして漢意をはなれて正しい学問の道を歩むべきかの方法論を懇切に説いている。こうした学問姿勢は,すでに『排蘆小船』『紫文要領』『石上私淑言』など,初期の歌論,文学論のうちにもうかがわれる。有名な物のあはれ(物事にふれて素直にその本質を感じとること)の論は,儒教原理にとらわれず,日本人の心を内側から理解しようという提唱でもあった。一方,『てにをは紐鏡』(1771),『字音仮字用格』(1776),『詞の玉緒』(1785)などは精密かつ客観的な言語学研究であり,江戸中期以降の国語学隆盛の実質的な出発点をなしている。が,これらも宣長の根本思想と切りはなしてみるべきものではない。宣長にとっての国語研究は,「意と事と言とは,みな相称へる物」であるという言葉に示される通り,日本人の意を知るための不可欠の基礎研究なのであった。これらすべての集大成として35年をかけて完成したのが主著『古事記伝』(1798)である。その綿密周到な考証の態度と,第1巻の「直毘霊」における漢意批判の激しい論調との不調和がしばしば指摘されるが,そもそも宣長の『古事記』研究の出発点には『古事記』執筆者たちへの深い共感があったことを忘れてはならない。すなわち,漢字漢文の流入という日本文化の一大危機にあたって,何とか日本本来の「意と事と言」を残そうとした太安万侶らの決意を,1000年の時を越えて正しく甦らせるということこそが『古事記伝』全44巻を通じての彼の課題なのであった。<著作>『本居宣長全集』全20巻・別巻3巻,『本居宣長』(日本の名著21巻)<参考文献>吉川幸次郎『本居宣長』,相良享『本居宣長』,小林秀雄『本居宣長』,子安宣邦『本居宣長』

(長谷川三千子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

もとおりのりなが【本居宣長】

1730‐1801(享保15‐享和1)
江戸中期の国学者。伊勢国松坂に生まれる。旧姓は小津氏,のち先祖の姓に復し本居を称する。幼名を富之助というが,何度か改名している。生家は松坂木綿を手広くあきない,江戸にも出店をもつほどだったが,父の死をきっかけに家運がかたむき間もなく業を廃した。宣長も商人になるのをやめ,医師として身をたてるため22歳のとき京に上り,堀景山の門に入り儒を学び,堀元厚,武川幸順に就いて医を修業した。6ヵ年にわたるこの京都遊学時代に,宣長学の土台はつくられたらしい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

もとおりのりなが【本居宣長】

1730~1801) 江戸中・後期の国学者。伊勢松阪の人。芝蘭・舜(春)庵・中衛と号し、鈴屋すずのやと称す。医者を開業する一方、古典研究を行い語句・文章の考証を中心とする精密・実証的な研究法により、古事記・源氏物語など古典文学の注釈や漢字音・文法などの国語学的研究にすぐれた業績を残した。また、復古思想を説いて儒教を排し、国学の思想的基礎を固めた。国学四大人の一人。著「古事記伝」「源氏物語玉の小櫛」「古今集遠鏡」「漢字三音考」「てにをは紐鏡」「詞の玉緒」「玉勝間」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本居宣長
もとおりのりなが

[生]享保15(1730).5.7. 伊勢,松坂
[没]享和1(1801).9.29. 伊勢,松坂
江戸時代後期の国学者。幼名小津富之助。号は芝瀾,のち舜庵。商家に生れ,23歳のとき医学修業のため上京。堀景山に儒学を学び,契沖の著作に触れ,古学に開眼。 27歳で歌論『排蘆小船』を書き,34歳のとき『石上私淑言』 (1763) ,『紫文要領』 (63) などの文学論を著わした。同年松坂で賀茂真淵に出会い入門。『古事記』の詳細な注釈に取りかかり,34年をかけて『古事記伝』を完成。書斎を鈴屋と名づけ,門人たちへの講義を行なった。『直毘霊』 (72) ,『馭戎慨言』 (77) ,『葛花』 (80) などはこの頃の古道論である。天明の飢饉にあたり,紀州侯徳川治貞に求められて『秘本玉くしげ』の政治論に『玉くしげ』の君子道論を添えて奉った。紀州侯徳川治宝に仕え,五人扶持を受けた。『玉勝間』 (95~1812) や『源氏物語玉の小櫛』 (1799) ,彼の学問の方法論の集大成ともいうべき『宇比山踏』 (98) など多数の著書を著わし,国学の完成者として多大の影響を及ぼした。国語研究にも画期的な業績を残しており,その研究は文法と音韻の2つに大別される。文法研究は係結を中心とする文中における語の呼応関係と活用の研究が中心であり,その著書にはそれぞれ『てにをは紐鏡』『御国詞活用抄』がある。音韻研究は漢字音が一つのテーマで,『字音仮名用格』『漢字三音考』などが知られる。また『古事記伝』では,上代文献の用字法についても調査し,語によって用いられる仮名に一定の排他的関係があることを指摘した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

本居宣長 (もとおりのりなが)

生年月日:1730年5月7日
江戸時代中期;後期の国学者
1801年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の本居宣長の言及

【排蘆小船】より

本居宣長の歌論書。成立年は不詳だが,宣長の京都遊学時代(22~26歳)に成ったかとされる。…

【石上私淑言】より

本居宣長の歌論書。成立は1763年(宝暦13)とされるが,未完である。…

【因果応報】より

…この善因善果,悪因悪果応報の考えを転換させたのが,親鸞の悪人正機説であった。いっぽう,本居宣長が〈人の禍福などの道理にあたらぬ事あるをも,或は因果報応と説き……都合よきやう作りたる物〉(《玉くしげ》)と否定するのは,この教えの影響力の大きさを認めたからであろう。【高木 豊】
[中国]
 陶潜は,〈飲酒〉詩第二首に,〈善を積めば(善き)報い有りと云ふも,夷叔は西山に在りき。…

【初山踏】より

本居宣長の国学書。1798年(寛政10)成立。…

【上田秋成】より

…《雨月物語》が刊行されたのもこの年である。86年(天明6)のころ,日ごろ不信を抱いていた伊勢人本居宣長に対して,その著書《鉗狂人(けんきようじん)》の評を中心に,その皇国絶対化の思想を激しく批判し,宣長もこれに尖鋭に応酬した。これが《呵刈葭(かかいか)》(1788成立)にまとめた,宣長・秋成論争である。…

【神】より

…すなわち,奥深く隠れた存在をカミとし,そこから発現してくる力を畏怖したものとみている。本居宣長は,カミを迦微とし,〈何にまれ,尋常ならずすぐれたる徳のありて,可畏(かしこ)き物〉(《古事記伝》)とした。とくに本居説の特徴は,カミが,人格的に優れた有徳者だけに限定されず,貴いものも賤しいものもあり,善きも悪しきもあると指摘した点である。…

【歌論】より

…真淵の《歌意考》,《にひまなび》は,歌論史上,特に重要である。 一方,宗武に仕えた荷田在満(かだのありまろ),真淵に師事した本居宣長らは《新古今和歌集》を尊重し,その立場に立っての〈歌論〉を展開した。在満の《国歌八論》,宣長の《排蘆小船(あしわけおぶね)》,《石上私淑言(いそのかみのささめごと)》等がそれである。…

【漢文】より

…近世においても漢文の役割は依然として変わらず,江戸時代の学問の中心をなす。たとえば,《古事記伝》を著し近世国学の主流を築いた本居宣長は,《日本書紀》が正格の漢文体で書かれ漢文として必須の故事,出典を踏まえていることを〈漢意(からごころ)〉による潤色とみなし,《古事記》が同じく漢字で書かれているにもかかわらず古意を伝えていると述べている。しかし,その宣長の《古事記》を読み解いてゆく方法は,儒学者荻生徂徠がうちたてた〈古文辞学派〉の精神を背景としている,という逆説がみられる。…

【源氏物語】より

…これらの古注類は考証や鑑賞面に大部のすぐれた成果を挙げてはいるものの,物語の本質論や文芸的理解となると,当時の儒仏思想の功利的な教戒観に左右されがちであったのはやむをえない。江戸時代に入ると,国学の勃興とともにいわゆる〈新注〉の時代となり,契沖の《源注拾遺》や賀茂真淵の《源氏物語新釈》がいずれも文献学的実証を志向し,ついで本居宣長の《源氏物語玉の小櫛》は,その総論に,物語の本質は〈もののあはれ〉すなわち純粋抒情にありとする画期的な論を立てて,中世の功利主義的物語観を脱却した。しかし宣長以後は幕藩体制下,儒教倫理による《源氏物語》誨淫(かいいん)説の横行によって,その研究もふるわず,わずかに萩原広道の《源氏物語評釈》の精密な読解が注目されるにすぎない。…

【源氏物語玉の小櫛】より

…注釈書。著者は本居宣長。9巻9冊。…

【古今和歌集】より

…中世の研究は北村季吟《八代集抄》(1679‐81成立)に総括され,近世の研究に基礎を提供した。契沖の《古今余材抄》(1692成立)は近世的な科学的研究を開始した重要な研究であり,本居宣長《古今和歌集遠鏡(とおかがみ)》(1794成立)は最初の口語訳である。香川景樹《古今和歌集正義》(1835刊)は近世の最もすぐれた《古今集》研究である。…

【国学】より

…〈国学〉とは本来,律令制度のもとで諸国に置かれた学校を意味する言葉であったが,上記の字義で用いられるようになったのは近世後期のことである。本居宣長の《初山踏(ういやまぶみ)》も,〈皇国の事の学をば,和学或は国学などいふならひなれども,そはいたくわろきいひざま也〉と,この呼称には否定的であったが,中島広足(なかじまひろたり)の《橿園随筆(かしぞのずいひつ)》(1854)には,〈今云国学は,我国に道なきを恥て,本居の新に建立(たて)たる学〉といった語句が見え,〈国学〉の語義がその内容のイデオロギー化と大きな関係があったことをうかがわせる。この名称が最終的に定着したのは明治時代になってからであった。…

【国語学】より

…なお,契沖は,たとえば,仮名の〈い〉と〈ゐ〉との違いが,昔の発音の違いに対応するものだということは,いまだ知らなかった。契沖も,一部の漢語については,それらの仮名遣いを取り上げたけれども,いわゆる字音仮名遣い全体に関する研究は,おくれて,本居宣長に至って,はじめて完成された(《字音仮字用格》)。宣長は,実際に万葉仮名を韻書と対照する方法をとった。…

【古事記伝】より

本居宣長の古事記注釈書。44巻。…

【詞玉緒】より

本居宣長が1779年(安永8)に著した文法書。7巻。…

【暦】より

…これが暦を必要とするゆえんであり,社会生活が高度になれば,共通して使用できる便利な暦が求められる。 本居宣長は有史以前の日本人の暦日についての認識を考察して《真暦考》を著した。これは今も評価され多く引用される。…

【字音仮名遣い】より

…今日いわゆる歴史的仮名遣いは,その基礎を契沖によって定められたが,契沖が問題としたのは,固有の日本語の仮名遣いについてであった。本居宣長は,この歴史的仮名遣いの問題を,漢字について吟味し,これを〈字音仮名遣〉と名づけた(国学者たちは,これを〈もじごえかなづかい〉とよませたものと思われる)。要するに,字音仮名遣いとは,漢字の日本におけるよみ方(すなわち〈訓〉に対する〈音(おん)〉)を仮名で表す場合の一つの方式で,その方式の根拠を歴史的仮名遣いの立場に求めようとするものである。…

【玉勝間】より

本居宣長の随筆。14巻。…

【直毘霊】より

本居宣長の国学書。《古事記伝》の第1巻〈総論〉中の一編であるが,独立性のある文章なので特にこの名がある。…

【文献学】より

…日本についていえば,明治時代から,芳賀矢一,村岡典嗣によって,〈国学〉を日本文献学として規定することが提唱された。すなわち,本居宣長は言(ことば)を通して事(わざ)と意(こころ)を明らかにしようとしたが,それは古人の意識したことをそのままに認識して,古代生活の統一的意義を理解しようとするものであった。《古事記伝》は,《古事記》の文法的解釈にとどまらず,歴史,著述事情,文体などあらゆる角度から言語に密着して古道を説くものである。…

【万葉仮名】より

…そのなかで,《古事記》の万葉仮名は,少数の字種で意識的に制限して書いてある。その事実に着目したのが本居宣長で,《古事記伝》総論に〈仮字の事〉として万葉仮名を概説するとともに,同じ音と考えられる万葉仮名の使い分けを論じた。それを受けて,石塚竜麿(いしづかたつまろ)の《古言清濁考》《仮字遣奥山路(かなづかいおくのやまみち)》が生じ,橋本進吉に引き継がれて,橋本のいわゆる〈上代特殊仮名遣い〉の事実の発見となった(表,表(つづき)を参照されたい)。…

【みやび】より

…他方,この語は近世,国学の興隆とともに,それまでとは異なる意味を持つようになる。とくに本居宣長は平安時代の和歌,物語を含む古代文化の中心にあるものを〈みやび〉と呼び,さらにそれを儒教,仏教とは異なる〈神の道〉すなわち神道にも通ずる,日本人の精神の基盤と考えた。【今西 祐一郎】。…

【もののあはれ】より

…〈もののあはれ〉の語はそうした漠然とした主観的感情をさらに客体化し,対象として捉え直したものといえよう。これを積極的な文芸理念として提唱したのは,近世中期の本居宣長である。その《紫文要領》および《源氏物語玉の小櫛》によれば,〈もののあはれ〉とは人が自然や人事の諸相に触発されて発する感動である。…

【邪馬台国論争】より

…邪馬台国九州説の中でもっとも有力な筑後国山門郡説は,新井によって先鞭がつけられたのである。ついで邪馬台国九州説を論じたのは,本居宣長であった。本居は,神功皇后が卑弥呼であるならば,魏へ〈屈辱的〉な朝貢をするはずはないという立場から,邪馬台国は大和国ではなく,〈熊襲の類〉の国であって,魏への朝貢は,女王=神功皇后の名をかたって,〈熊襲の類〉が私的に行ったものであると強調した。…

※「本居宣長」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

本居宣長の関連キーワード四大人(国学四大人)三重県松阪市山室町三重県松阪市魚町三重県松阪市殿町三重県松阪市新町本居宣長宅跡歴朝詔詞解富小路如泥本居春庭墓中川経雅富山定豪岡山正興中山厳水堀田梅衛生年月日玉鉾百首竹村茂雄殿村整方玉あられ野井安定

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本居宣長の関連情報