コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おがさわら丸

デジタル大辞泉プラスの解説

おがさわら丸

日本の客船。全長131メートル。総トン数6700トン。旅客定員1031人。1997年2月竣工。東京港から小笠原諸島父島を結ぶ。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

おがさわら丸

小笠原諸島は1968年に米国から返還され、翌年に小笠原海運が創業、72年に定期船運航が始まった。初代の椿丸(1016トン)は約44時間かかった。73年から父島丸(2616トン)、続く初代おがさわら丸(3553トン)は79年就航。現在は2代目おがさわら丸(6700トン)で、97年3月から19年余り、竹芝と父島間を約1200往復、地球60周分に相当する約240万キロを走った。

(2016-06-02 朝日新聞 朝刊 東京B・2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

おがさわら丸の関連キーワード秋場由香差押え禁止財産株券商船三井(株)竹島(韓国名・独島)問題政府開発援助ODAデビスカップデ杯女子ソフトボール

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

おがさわら丸の関連情報