おがさわら丸

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

おがさわら丸

小笠原諸島は1968年に米国から返還され、翌年に小笠原海運が創業、72年に定期船運航が始まった。初代の椿丸(1016トン)は約44時間かかった。73年から父島丸(2616トン)、続く初代おがさわら丸(3553トン)は79年就航。現在は2代目おがさわら丸(6700トン)で、97年3月から19年余り、竹芝と父島間を約1200往復、地球60周分に相当する約240万キロを走った。

(2016-06-02 朝日新聞 朝刊 東京B・2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

おがさわら丸の関連情報