おきく

朝日日本歴史人物事典の解説

おきく

没年:延宝7(1679)
生年:慶長1(1596)
江戸初期の武家の女性。山口茂左衛門の娘。田中意徳(猪右衛門)の妻。20歳のころ,大坂城で淀殿に仕えていた。元和1(1615)年5月8日の大坂城落城の日,千畳敷の縁側に出ると所々に火の手が上がっていたので,長局に帰り帷子を3つと下帯を3本付け,豊臣秀頼から拝領した鏡,竹ながしの金子を懐中にして城を出る。松原口へ逃れる途中,要光院おはつに会い,その供をし,次いで京都の松丸殿京極竜子(豊臣秀吉の側室)に奉公する。のち京都で,禁裏御所御療治を仰せつけられていた意徳と婚姻。夫意徳は備前岡山藩の藩医も務めていたためおきくも備前に移り,84歳で没した。祖父山口茂介は浅井長政に仕え,父茂左衛門は藤堂高虎の浪人客分で300石を下されていたというから,実家も中級家臣クラスであった。『おきく物語』(日本庶民生活史料集成8巻)に語られるその生涯からは,江戸時代初期に女中奉公をした武家の娘の生活と意識が知られる。

(田端泰子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

おきくの関連情報