コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おきく

朝日日本歴史人物事典の解説

おきく

没年:延宝7(1679)
生年:慶長1(1596)
江戸初期の武家の女性。山口茂左衛門の娘。田中意徳(猪右衛門)の妻。20歳のころ,大坂城で淀殿に仕えていた。元和1(1615)年5月8日の大坂城落城の日,千畳敷の縁側に出ると所々に火の手が上がっていたので,長局に帰り帷子を3つと下帯を3本付け,豊臣秀頼から拝領した鏡,竹ながしの金子を懐中にして城を出る。松原口へ逃れる途中,要光院おはつに会い,その供をし,次いで京都の松丸殿京極竜子(豊臣秀吉の側室)に奉公する。のち京都で,禁裏御所御療治を仰せつけられていた意徳と婚姻。夫意徳は備前岡山藩の藩医も務めていたためおきくも備前に移り,84歳で没した。祖父山口茂介は浅井長政に仕え,父茂左衛門は藤堂高虎の浪人客分で300石を下されていたというから,実家も中級家臣クラスであった。『おきく物語』(日本庶民生活史料集成8巻)に語られるその生涯からは,江戸時代初期に女中奉公をした武家の娘の生活と意識が知られる。

(田端泰子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

おきくの関連キーワードおおきく振りかぶって~夏の大会編~Aおおきく振りかぶって豊竹呂太夫(初代)芳村孝次郎(2代)浜村蔵六(5代)群馬県高崎市新町まつい のりこ人工林と間伐大山儀右衛門湿球黒球温度恒松あゆみおあむ物語井上麻里奈高本めぐみ中村悠一佐藤雄大高橋研二瀬名恵子楠見藍子

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

おきくの関連情報