コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おりん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

おりん

深沢七郎の小説「楢山(ならやま)節考」の女主人公
信州の山間の貧しい村の掟にしたがって,70歳をむかえ山奥にすてられることになる。息子辰平も嫁もおりんをすてることをいやがるため,まだ丈夫な自分の歯をおって老いのあかしとし,辰平に背おわれて雪の山にはいり,ひとり念仏をとなえつづける。昭和31年「中央公論」に発表。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

おりんの関連キーワード逃亡者おりん〈2〉いわすとおる利根 はる恵逃亡者おりん清洲 すみ子糸車、からり北村伝次郎日向かおり百々さおり化けあられあおい輝彦野々村 潔渋谷めぐみ隆 慶一郎宮川 一夫西崎 英雄奈良岡朋子小酒井円葉彩羽真矢加藤久雅

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

おりんの関連情報