コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中央公論 ちゅうおうこうろん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中央公論
ちゅうおうこうろん

日本の代表的な総合雑誌。 1887年8月京都西本願寺に学ぶ学生たちの修養団体「反省会」が創刊した機関紙『反省会雑誌』が発展したもので,92年5月『反省雑誌』と改題,96年 12月に東京に移転し,99年1月から『中央公論』と改題した (発行所は反省社) 。その後次第に衰微したが,1904年に滝田樗陰が入社,その黄金時代を築いた。滝田は文芸面を重視して,同誌を文壇への登竜門にすると同時に,時事評論では吉野作造や大山郁夫らを重用して大正デモクラシーの旗手をつとめた。 25年の樗陰の死後は嶋中雄作が編集主幹となり,28年社長となった。昭和になると,『改造』と並ぶ総合雑誌の双璧として,自由主義的,反軍国主義的方針を貫こうとしたが,軍部からきびしく弾圧され,特に 44年1月からのいわゆる横浜事件にからみ,7月ついに内閣情報局から「自発的廃業」をするよう申渡され,廃刊。第2次世界大戦後は 46年新年号から復刊,『改造』の解散後は『世界』とともに総合雑誌界を2分した。 60年 12月号の深沢七郎の小説『風流夢譚』がきっかけで嶋中事件が起り,社会に大きな衝撃を与えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ちゅうおうこうろん〔チユウアウコウロン〕【中央公論】

総合雑誌。明治20年(1887)創刊の「反省会雑誌」を明治32年(1899)に改題して発足。大正期、滝田樗陰(たきたちょいん)を編集主幹におき、代表的総合誌として発展。昭和19年(1944)軍部の圧力により休刊、昭和21年(1946)復刊。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

中央公論【ちゅうおうこうろん】

中央公論社発行の月刊総合雑誌。1887年創刊の《反省会雑誌》が前身。1892年《反省雑誌》,1899年《中央公論》と改題。明治末に《太陽》と並ぶ総合雑誌となり,また文壇の登竜門とされた。
→関連項目阿部真之助井出孫六宇野千代恩讐の彼方に改造嶋中雄作春琴抄宮本百合子村松梢風森田たま山崎豊子夜明け前読売新聞

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

中央公論

株式会社中央公論社が発行する総合月刊誌。毎月10日発売。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうおうこうろん【中央公論】

中央公論社発行の総合雑誌。1887年京都の西本願寺から創刊された《反省会雑誌》という団体〈反省会〉の機関紙が前身である。この雑誌は92年《反省雑誌》となり,99年《中央公論》と改題され,発行所は反省社,1914年中央公論社となった。《中央公論》の地位を確立した功労者は滝田樗陰(ちよいん)(1882‐1925)である。樗陰はまず文芸欄を拡充し,明治末期から大正期にかけて谷崎潤一郎,志賀直哉,芥川竜之介ら新進作家を数多く登場させ,〈文壇の登竜門〉としての権威を築いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちゅうおうこうろん【中央公論】

中央公論社発行の総合雑誌。浄土真宗の「反省会雑誌」を1899年(明治32)に改題して発足。滝田樗陰ちよいんが主幹となった大正期には総合雑誌の代表に成長。第二次大戦中一時休刊し、戦後復刊。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中央公論
ちゅうおうこうろん

中央公論新社(旧中央公論社)発行の総合雑誌。西本願寺の若い僧侶(そうりょ)の間におこった修養・禁酒運動の機関誌『反省会雑誌』(1887創刊)として出発し、のち『反省雑誌』(1892)、『中央公論』(1899)と改題され、現在も発行され続けている、もっとも古い伝統をもつ月刊総合雑誌である。1904年(明治37)滝田樗陰(ちょいん)が編集者となり、やがて主幹として活躍した10年代から20年代にかけて同誌は、吉野作造の民本主義論や大山郁夫(いくお)、美濃部(みのべ)達吉などの進歩的言論を相次いで世に問い、新たに文芸欄を設けて夏目漱石(そうせき)、島崎藤村(とうそん)、芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ)、志賀直哉(なおや)、永井荷風(かふう)の名作を掲載するなどして文壇、論壇の主流を形成していた。
 1925年(大正14)名編集者樗陰が世を去り、28年(昭和3)西本願寺系の社長麻田駒之助(こまのすけ)は、入社以来すでに16年のキャリアをもち、自らの発案で『婦人公論』を創刊(1916)するなど意欲的な活動をしていた嶋中(しまなか)雄作に社業を譲り、以降中央公論社は嶋中によって運営されることになった。編集、経営両面に才能をもつ嶋中は、社業を単行本や全集にまで拡大させたが、太平洋戦争下、『中央公論』の編集傾向が軍の忌避するところとなり、横浜事件で編集者が次々と検挙されるなかで、44年7月東条内閣から自発的閉社を命ぜられた。敗戦後、同社はただちに再建され、『中央公論』も復刊、49年(昭和24)雄作没後は次男鵬二(ほうじ)が社業を継いだ。同社は、雑誌のほか各種の図書、全集類、『中公新書』『中公文庫』などを刊行し、その規模を一段と拡大したが、97年(平成9)に鵬二が死去、経営危機が表面化し99年2月、読売新聞社に譲渡され読売の100%子会社である中央公論新社に出版活動が引き継がれた。『中央公論』60年12月号は、深沢七郎の小説『風流夢譚(むたん)』を掲載して右翼の暴力的攻撃を受け、大きな問題となったが、この事件は、日本社会の体質の不変と言論・表現の自由の問題を改めて考えさせるものであった。[海老原光義]
『中央公論社編・刊『中央公論の八十年』(1965) ▽畑中繁雄著『覚書 昭和出版弾圧小史』(1965・図書新聞)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の中央公論の言及

【ジャーナリズム】より

…桂太郎内閣と元老山県有朋の軍備優先・民生無視の政策態度に対して,《時事新報》《朝日新聞》《万朝報》などの記者たちは,実業界代表とともに憲政擁護運動を展開し,桂内閣の退陣を実現して軍備拡張予算を一時的には食いとめた。この運動のさなかに雑誌《中央公論》は吉野作造の民本主義論を掲載し,編集長滝田樗陰はやがて新文学の旗手たちをもそだて,日本ファシズムに対する言論の最強力な対立者へと同誌が充実する素地をつくった。また,石橋湛山が《東洋経済新報》において反戦自由主義経済論をつらぬくにいたる契機も,この運動にあった。…

【総合雑誌】より

… 徳富蘇峰が1887年に創刊した《国民之友》は,彼が青年期に主唱した平民主義の論説や民友社同人らの評論とともに,二葉亭四迷などの小説を掲載して,総合雑誌の基本的なスタイルを確立した。博文館の《太陽》(1895)もその形式にならったが,これをいっそう大胆に発展させたのが大正時代の《中央公論》と《改造》とであった。《中央公論》(1887年創刊の《反省会雑誌》が99年に改題)の編集長滝田樗陰(ちよいん)は,吉野作造を起用して民本主義の論説評論を連打するとともに若い作家群を発掘して魅力を加えた。…

【風流夢譚事件】より

…嶋中事件ともいう。《中央公論》は1960年12月号に深沢七郎の創作《風流夢譚》を掲載したが,この作品は皇室を侮辱したものであるとした右翼団体は中央公論社に対する圧力を強めた。61年2月1日夜,大日本愛国党の元党員の少年が中央公論社嶋中社長宅に侵入し,社長夫人に重傷を負わせ,お手伝いさんを刺殺した。…

【婦人公論】より

…1916年1月に中央公論社から創刊された女性雑誌。他の女性雑誌と違ってほとんど実用記事を載せず,女性解放,男女同権をめざす,インテリ向け女性評論誌として出発した。…

※「中央公論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

中央公論の関連キーワードC★NOVELSファンタジア道頓堀の雨に別れて以来なり白鳥の歌なんか聞えないクリヴィツキー症候群中公文庫BIBLIOナミヤ雑貨店の奇蹟さよなら快傑黒頭巾或る少女の死まで読売・吉野作造賞スティルライフ貧しき人々の群性に眼覚める頃木乃伊の口紅人質の朗読会風流夢譚事件極楽とんぼ嶋中 雄作牛山ホテル寂しければ神経病時代

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中央公論の関連情報