コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かな入力 かなにゅうりょく

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

かな入力

日本語の入力方法のひとつで、キー表面のカナ表記に従って入力する。基本的に、キーを1度押すと1文字入力できるので、複数のキーを組み合わせるローマ字入力よりもキーを打つ数が少なくて済む。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

かな入力

日本語対応のキーボードで、キーに書いてある「かな文字」を直接タイプする入力方法です。欧文を入力する際はアルファベットの配列も覚えなくてはなりませんが、キーに書いてある通りに入力できる点はシンプルです。
⇨ローマ字入力

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

かなにゅうりょく【かな入力】

日本語の入力方法のひとつ。キートップに記されたかな文字の通りに入力すること。ローマ字入力に比べると打鍵数が少なく、習熟すれば速く入力することができるが、使用するキーの種類は多い。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

かな入力の関連キーワード日本語入力システムパソコン用語集漢字入出力装置漢字入力モード入力方式日本語IME無変換

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

かな入力の関連情報