通り(読み)トオリ

デジタル大辞泉「通り」の解説

とおり〔とほり〕【通り】

[名]

㋐人や車のとおるところ。道路。往来。「にぎやかな通り
㋑(「…どおり」の形で)地名・場所などを表す名詞の下に付いて、その道筋・道路であるを表す。「銀座通り」「裏町通り
人や車が行ったり来たりすること。通行。ゆきき。往来。「車の通りが激しい道」
気体や液体が流れかようこと。流通。「風の通りがいい」「下水通りが悪い」
声や音などがよく伝わること。「声の通りがいい」
広く知れわたっていること。評判。「彼の名は通りがよい」
同じ状態・方法であること。「予想した通りの成果が出た」「私の言った通りだ」「今までの通りに行う」
理解。のみこみ。「通りのよい説明」
[接尾]助数詞
組になっているものを数えるのに用いる。「道具を二通りそろえる」
種類を数えるのに用いる。「やり方が三通りある」
[下接語](どおり)裏通り大通り御目おめ通り表通り河岸かし通り・かみ通りしも通り素通り中通り人通り目通り目抜き通り
[類語]みち往来道路車道街路舗道ほどう街道往還通路路上路面ロードルート

どおり〔どほり〕【通り】

[接尾]
数量を表す語に付いて、だいたいそのくらいという意を表す。「八、九分通りでき上がった」
名詞に付いて、同じ状態、そのままであるなどの意を表す。「従来通り」「予想通り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android