通り(読み)トオリ

デジタル大辞泉の解説

とおり〔とほり〕【通り】

[名]

㋐人や車のとおるところ。道路。往来。「にぎやかな通り
㋑(「…どおり」の形で)地名・場所などを表す名詞の下に付いて、その道筋・道路である意を表す。「銀座通り」「裏町通り
人や車が行ったり来たりすること。通行。ゆきき。往来。「車の通りが激しい道」
気体や液体が流れかようこと。流通。「風の通りがいい」「下水の通りが悪い」
声や音などがよく伝わること。「声の通りがいい」
広く知れわたっていること。評判。「彼の名は通りがよい」
同じ状態・方法であること。「予想した通りの成果が出た」「私の言った通りだ」「今までの通りに行う」
理解。のみこみ。「通りのよい説明」
[接尾]助数詞。
組になっているものを数えるのに用いる。「道具を二通りそろえる」
種類を数えるのに用いる。「やり方が三通りある」
[下接語](どおり)裏通り大通り御目(おめ)通り表通り・河岸(かし)通り・上(かみ)通り下(しも)通り素通り中通り人通り目通り目抜き通り

どおり〔どほり〕【通り】

[接尾]
数量を表す語に付いて、だいたいそのくらいという意を表す。「八、九分通りでき上がった」
名詞に付いて、同じ状態、そのままであるなどの意を表す。「従来通り」「予想通り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とおり【通り】

[3] ( 名 )
〔動詞「通る」の連用形から〕
人・車などの通る所。道みち。往来。街路。 「 -に出て遊ぶ」
人・車などが通ること。行き来。往来。 「車の-の多い道路」
物が通り抜ける具合。 「パイプの-が悪い」 「風の-のいい座敷」
音声などが遠くまで届く具合。 「 -のいい声」
世間での評判。人の受け。信用。 「 -のいい名前」
理解。わかり。 「話の-が早い」
(上に修飾句を伴って)それと同じ状態・方法であること。そのままであること。 「言われた-に実行する」 「設計図の-に作る」
( 接尾 )
助数詞。
方法・手段・種類などを数えるのに用いる。 「解き方は二-ある」 「幾-も解き方が考えられる」 「卵料理を三-作る」
組になっているものを数えるのに用いる。 「七つ道具二-」 → どおり(通)

どおり【通り】

( 名 )
名詞の下に付いて、複合語をつくる。
街路の名を表す。 「蔵前-」 「銀座-」
乗り物の走る道筋を表す。 「バス-」 「電車-」
そのままであること、それと同じであることの意を表す。 「注文-」 「もと-」
( 接尾 )
数量を表す語に付いて、おおよその程度という意を表す。 「八分-仕上がる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

通りの関連情報