コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かばい手 かばいて

2件 の用語解説(かばい手の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

かばい手
かばいて

相撲の勝負規定第 14条に「相手の体を抱えるか,まわしを引いていて,一緒に倒れるか,または手が少し早くついても,相手の体が重心を失っているとき,すなわち体が死んでいるときは,かばい手といって負けにならない」とある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

かばい手

相撲の勝敗は、土俵に足の裏以外の部分が先に付いた力士が負けとなるのが原則。ただし、相手力士の体を抱えるか、まわしを引いた状態で一緒に倒れ込んだ場合、すでに相手力士が重心を失っている場合(体が飛んでしまっている状態など)や、逆転が不可能見られる場合(足の裏が返ってしまっている状態など)は死に体といって、たとえ土俵に先に手を付いたとしてもかばい手と判断され、負けとはならない。逆に相手の体が生きている(つまり逆転することが可能)と判断されればつき手で負けとなる。2004年名古屋場所で朝青龍と琴ノ若の対戦で、投げに体が飛んだ朝青龍の体の生き死にを巡って議論が起きた。同様に吊り出しの場合、自分の足が俵の外に踏み出してから相手の体を土俵外に下ろした場合は送り足と判断されるが、相手の体が死んでいないと判断されれば、踏み越しとなって負けとなる。

(根岸敦生 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かばい手の関連キーワード花相撲方屋入り相撲の使足熱土俵際長瀬越後すり足勝負俵平土俵山稽古

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

かばい手の関連情報