衝撃(読み)ショウゲキ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐げき【衝撃】

瞬間的に大きな力を物体に加えること。また、その力。「衝突時の衝撃を吸収する」
意外な出来事などによって強く心を揺り動かされること。また、その心の動き。ショック。「衝撃が走る」「世界に強い衝撃を与えた事件」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうげき【衝撃】

( 名 ) スル
激しく突き当たること。また、それによって起こる刺激。 「後頭部に-を感じた」 「日本海の浪濤這般しやはんの岩石を-し/日本風景論 重昂
思いがけない出来事によって起こる、心の激しい動き。 「全世界に大きな-を与えた事件」 「 -のニュース」
物体に瞬間的に激しい力が加えられること。また、その力。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐げき【衝撃】

〘名〙
① (━する) 敵などに激しく突きあたってうつこと。突撃。
日本外史(1827)三「義経以数百騎。攅蹄衝撃」 〔薩都剌‐黯淡灘歌〕
② 人の心に激しい感情のたかぶりを起こさせること。激しい感動。心に受ける強い刺激。
※銀二郎の片腕(1917)〈里見弴〉「もっとひどいことを考へたこともあるので〈略〉新たな衝撃は感じなかった」
物体に瞬間的に、急激に加えられる力。撃力
百鬼園随筆(1933)〈内田百〉飛行場漫録「どの位の衝撃に堪へ得るかをためすために、わざわざ地面にぶっつけて」
短時間に大電流が流れてすぐに止むこと。また、その電流や電圧。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

衝撃の関連情報