コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かまる かまる

大辞林 第三版の解説

かまる

( 動四 )
〔動詞「罷まかる」の「まか」を転倒させた語〕
行く。来る。はいる。 「和泉の牢へ-・つて/浄瑠璃・夏祭」
有る。 「ときにもくが-・らねえ/洒落本・潮来婦志」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

かまるの関連キーワード堀の小万(初代)止まり木・止り木カルネアデスの板手が後ろに回る卜部乙屎麻呂はなちゃん濡髪長五郎ぶら下がる取っ捕まる足利義嗣取っ付く足利満貞かかぐる本間山城日野邦光縮かまる尉遅乙僧丸塚古墳白鳥由栄縋り付く

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

かまるの関連情報