コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かまる かまる

大辞林 第三版の解説

かまる

( 動四 )
〔動詞「罷まかる」の「まか」を転倒させた語〕
行く。来る。はいる。 「和泉の牢へ-・つて/浄瑠璃・夏祭」
有る。 「ときにもくが-・らねえ/洒落本・潮来婦志」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

かまるの関連キーワード堀の小万(初代)カルネアデスの板手が後ろに回る卜部乙屎麻呂はなちゃん弥が上にも濡髪長五郎取っ捕まるぶら下がる足利義嗣かかぐる本間山城結ぼれる塒・蜷局白鳥由栄足利満貞取っ付く縮かまる松平斉韶丸塚古墳

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android