仕出し(読み)シダシ

デジタル大辞泉の解説

し‐だし【仕出し】

注文に応じて料理を作って配達すること。出前。「仕出しをとる」
演劇・映画で、端役の中でも最も軽い役。通行人や群衆など、場面の雰囲気を作るような役。
工夫・趣向を凝らすこと。また、そのもの。新案。流行。
「これは変はった―と様子を問へば」〈浮・一代男・六〉
装い。いでたち。おしゃれ。
「遊女に取り違へる―なり」〈浮・胸算用・二〉
財産を作り上げること。また、その人。
「これらは近代の出来商人、三十年このかたの―なり」〈浮・永代蔵・六〉
建物などで、縁側のように外側に突き出して構えた部分。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しだし【仕出し】

注文により、料理・弁当を作って届けること。また、その料理。出前。
演劇で、通行人・群衆など、ごく軽い役。また、その役で出演する下級の俳優。
工夫や趣向をこらすこと。新案。 「さもなき調度のたぐひ、是は-の風流なり/鶉衣」 「大晦日おおつごもりの夜のお祖母ばばを返せは我等が-/浮世草子・胸算用 5
装いをこらすこと。おしゃれ。おめかし。 「都の呉服店ごふくだなの奥さまといはるる程の人、みな遊女に取り違へる-なり/浮世草子・胸算用 2
財産を作り出すこと。 「是らは近代の出来商人三十年此かたの-なり/浮世草子・永代蔵 6

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の仕出しの言及

【歌舞伎】より

… 稲荷町(いなりまち)最下級の役者で,〈下立役(したたちやく)〉あるいは〈お下〉〈若い衆〉とも呼ばれた。仕出しやぬいぐるみの動物,序開き,脇狂言を受け持ち,舞台と楽屋の雑用をする。通説では芝居の守護神として楽屋に祀った稲荷大明神のそばに部屋があったのが名称の由来。…

※「仕出し」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仕出しの関連情報