かんごり

精選版 日本国語大辞典の解説

かん‐ごり

〘副〙 (多く「と」を伴って用いる) 狭くこもっているさま、すきまなく囲むさまを表わす語。
※詩学大成抄(1558‐70頃)六「座敷をもかんごりと冬がまえをして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android