コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

がぶり寄り がぶりより

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

がぶり寄り
がぶりより

相撲の技術。自分の体重を利用して反動をつけながら,差し手からあおるように,ゆさぶるようにして寄りたてること。双葉山 (→双葉山定次 ) は右四つから,東富士は左四つからの,信夫山,鶴ヶ嶺はもろ差しからのがぶり寄りを得意とした。がぶり寄りは,がぶりのない寄りよりもずっと残りにくい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

がぶりより【がぶり寄り】

相撲技の一。相手のふところに入り込み、相手の体を激しくゆさぶるようにして寄り進む。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

がぶり寄りの関連キーワード琴奨菊和弘荒勢 永英相手

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

がぶり寄りの関連情報