コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信夫山 しのぶやま

4件 の用語解説(信夫山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

信夫山
しのぶやま

福島県,福島市の中心市街地に北接する山。標高 272m。古くから「お山」と呼ばれ,羽黒山湯殿山,月山の三山をまつる信仰の山とされ,山頂の羽黒神社には,日本一の大わらじを奉納する「暁参り」の有名な行事がある

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しのぶ‐やま【信夫山】

福島市北方の山。[歌枕]
「―忍びて通ふ道もがな人の心のおくも見るべく」〈伊勢・一五〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕信夫山(しのぶやま)


福島市の市街地北方にある丘陵で、西から東、北東に約2.7km延びる。頂上は、羽黒(はぐろ)神社・湯殿(ゆどの)山神社・月山(がっさん)神社などの分社が祀(まつ)られる主な4峰ほか、いくつもの峰々が連続する。最高点は西端の標高275m。頂上まで自動車道路が通じ、東端部ほかは信夫山公園として市民の憩いの場となる。西側山腹を国道13号・JR東北新幹線がトンネルで抜ける。『伊勢物語』ほかに詠われた歌枕としても知られる。御山(おやま)(小山)とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

信夫山
しのぶやま

福島市中心市街地の北方にある山。御山(おやま)ともよぶ。頂上は4峰に分かれ、西を羽山(はやま)(275メートル)、東を熊野(くまの)山、中央を羽黒(はぐろ)山(谷山)および薬王寺(やくおうじ)山(薬師の峯)とよぶ。羽黒山には羽黒神社が祀(まつ)られ、かつて信夫、伊達(だて)、田村、米沢(よねざわ)の鎮守(ちんじゅ)とされたこともある。羽黒神社に大わらじを奉納する信夫三山暁参りは著名。社殿の南面はユズの栽培地。[安田初雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の信夫山の言及

【福島[市]】より

…旧信夫(しのぶ)郡全域ともとの伊達郡,安達郡の一部を含む面積746km2で,県内ではいわき市に次ぎ,人口はいわき市,郡山市に次ぐ。中心市街地は,盆地内に孤立する信夫山(約270m)の南,阿武隈川とその支流荒川の合流点付近に位置し,16世紀末蒲生氏の所領のとき,杉妻(すぎのめ)城から福島城と改称され,その城下町として発達した。また福島の町は,奥州道中(仙台・松前道)の宿駅,阿武隈川舟運の河岸として,米や周辺の養蚕地帯の生糸,蚕種などを集散して活気を帯びた。…

※「信夫山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

信夫山の関連キーワード衣笠山市街地福知山鞍馬口通り飯野[町]佐賀市の中心市街地蓬莱団地福島県福島市上町福島県福島市岡島米山寺経塚群

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

信夫山の関連情報