コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

双葉山定次 ふたばやまさだじ

6件 の用語解説(双葉山定次の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

双葉山定次
ふたばやまさだじ

[生]1912.2.9. 大分,宇佐
[没]1968.12.16. 東京
第 35代横綱。本名龝吉定次 (あきよしさだじ) 。 1927年立浪部屋へ入門,1932年 20歳で入幕。 1936年に関脇へ進み,1937年春大関,同 1937年夏横綱となった。 1945年 33歳で引退し,年寄時津風を襲名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふたばやま‐さだじ【双葉山定次】

[1912~1968]力士。第35代横綱。大分県出身。本名、龝吉(あきよし)定次。優勝12回、69連勝を達成。引退後、年寄時津風となり、日本相撲協会理事長も務めた。→第34代横綱男女ノ川(みなのがわ) →第36代横綱羽黒山

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

双葉山定次【ふたばやまさだじ】

力士。本名龝吉(あきよし)定次。大分県出身。1927年立浪部屋に入門,1928年初土俵,1932年入幕,1937年35代横綱。1936年春場所7日目瓊ノ浦(たまのうら)に勝ってから1939年春場所4日目安芸ノ海に敗れるまで,69連勝(当時は年間2場所,1場所は13日)の偉業を達成。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

双葉山定次 ふたばやま-さだじ

1912-1968 昭和時代の力士。
明治45年2月9日生まれ。昭和2年立浪(たつなみ)部屋に入門。7年入幕,12年35代横綱。11年春場所7日目から14年春場所4日目の安芸(あき)ノ海に敗れるまで69連勝。右四つ上手投げを得意とした。優勝12回。幕内成績276勝68敗1分。20年引退し年寄時津風を襲名。32年日本相撲協会理事長。昭和43年12月16日死去。56歳。大分県出身。本名は穐吉(あきよし)定次。
【格言など】われ未だ木鶏(もっけい)たりえず(70連勝を阻まれたとき安岡正篤にあてた電文)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ふたばやまさだじ【双葉山定次】

1912‐68(大正1‐昭和43)
昭和期の力士。第35代横綱。本名龝吉(あきよし)定次。大分県宇佐市に生まれ,1927年,15歳で立浪部屋に入門。32年入幕,36年5月関脇に昇進してから強さを発揮し,39年1月安芸ノ海に敗れるまで69連勝の大記録を樹立し,双葉山時代といわれた。その間37年1月大関,同年5月全勝3連覇で横綱に推挙された。178cm,124kgの均整のとれた体格で,力水は1度だけ,いつも受けて立ち,左上手をとれば負けたことはなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

双葉山定次
ふたばやまさだじ
(1912―1968)

第35代横綱力士。本名穐吉(あきよし)定次。明治45年2月9日大分県天津(あまつ)村(現宇佐市)に生まれる。1927年(昭和2)立浪(たつなみ)部屋に入門、1932年1月春秋園事件で大量脱退力士をみたので、十両から特進入幕した。1936年5月関脇(せきわけ)に昇進してから、にわかに強豪ぶりを発揮し、前人未踏の69連勝の大記録を樹立した。70連勝がならず安芸ノ海(あきのうみ)の外掛けに敗れた日(1939年春場所4日目)は、全国の話題をさらった。その間1937年1月大関、同年5月には全勝3連覇で横綱に推挙された。178センチメートル、124キログラムの均整のとれた体格で、左差し右上手(うわて)をとっての投げは無類の強さで、双葉山の姿を一目見ようと、ファンは前夜から国技館の周囲を取り巻くという、双葉山時代を招来した。暗い世相において長く沈滞した相撲(すもう)界を復興させた功績は大きい。幕内成績276勝68敗1引分け、優勝12回(全勝8回)の記録を残した。現役のころから双葉山道場を創設して弟子の養成に努め、1945年(昭和20)11月引退、1946年時津風を襲名し、一代で大部屋に発展させ、横綱鏡里(かがみさと)をはじめ二十数人の幕内力士を輩出した。1957年日本相撲協会理事長に就任し、相撲界の近代化に貢献した。従(じゅ)四位勲三等が贈られた。昭和43年12月16日没。[池田雅雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

双葉山定次の関連キーワード断髪式若い者控力士琴錦登玉ノ海梅吉幡瀬川邦七郎花籠昶光あんま銀星ちゃんこ番

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

双葉山定次の関連情報