ぎゅうていのしんにはせきのこいなし

精選版 日本国語大辞典の解説

ぎゅうてい【牛蹄】 の 涔(しん)には尺(せき)の鯉(こい)(な)

(「淮南子‐俶真訓」の「之涔無尺之、塊阜之山無丈之材」による。牛の足跡にできた水たまりには一尺もある鯉は住めないの) 大人物は狭苦しい所で手腕をふるうことはできないということのたとえ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android