手腕(読み)しゅわん

精選版 日本国語大辞典「手腕」の解説

しゅ‐わん【手腕】

〘名〙
① うで。かいな。
※改正増補物理階梯(1876)〈片山淳吉〉下「罎内の電素、忽其手より、毎人の身体に相感して激動し、〈略〉手の如きは特に其痛激を覚ゆべし」 〔晉書‐淳于智伝〕
物事をうまく処理していく能力。うでまえ。てなみ。
※一年有半(1901)〈中江兆民〉二「力量あり手腕有りて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「手腕」の解説

しゅ‐わん【手腕】

物事をうまく処理していく能力。腕まえ。「手腕買われる」「政治的手腕
[類語]腕前手並み手の内妙手手際手練凄腕技術能力力量才能才覚文才才気手筋

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「手腕」の解説

【手腕】しゆわん

伎倆

字通「手」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android