コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

ぎ[五十音]

」の濁音。軟口蓋の有声破裂子音[ɡ]と母音[i]とから成る音節。ただし、現代共通語においては、一般に語頭以外では鼻音の頭音をもつ[ŋi]となる(これを鼻濁音の「ぎ」ともいう)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

「き」の濁音の仮名。軟口蓋破裂音(実際の調音点は前寄りになり硬口蓋に近い破裂音)の有声子音と前舌の狭母音とから成る音節。現代共通語では、この音は主として語頭に用いられ、語中・語尾では、その頭子音が軟口蓋鼻音となるのが一般である。これを鼻濁音の「ぎ」といい、必要に応じ、「き(キ)」に半濁点「。」を付けて示すことがある。 〔奈良時代までは上代特殊仮名遣いで甲乙二類の別があり、発音上区別があったとされる〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ぎの関連キーワードディフィニション上代特殊仮名遣い蘆荻・芦荻軟口蓋鼻音稟議・禀議飯尾宗祇スナッフ摺り形木天台大師智者大師拓跋魏耳塞ぎ千草色炭太祇海水着唐扇春衣由木天喜御陵

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぎの関連情報