コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼻濁音 びだくおん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鼻濁音
びだくおん

日本語において,軟口蓋鼻音[ŋ]をもつ音節の名称であり,ガ行鼻 (濁) 音ともいう。共通語では,ガ行子音に[ɡ]と[ŋ]あり,原則として[ɡ]は語頭に (ガラスなど) ,[ŋ]はそれ以外に (アゴなど) 現れる。後者を前者の「ガ…ゴ」と区別して,特に「カ°…コ°」や「カ …コ 」と書くこともある。音韻論的には/g/と/ŋ/の対立とみる立場と,ともに同一音素/g/と解釈する立場とがある。歴史的には,[ ]から変化してきたとみられる。高知,熊野灘沿岸地方,東北の一部などに現在でも残っているこの[ ]を「鼻濁音」といい,[ŋ]に変化したほうは「鼻音」といって区別することもある。この意味の「鼻濁音」は[ nd ][ mb ]なども含む。ガ行鼻 (濁) 音[ŋ]は,これをもたない方言も多く (中国地方,九州地方,新潟,群馬など) ,東京でも若い世代では消失しつつある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

び‐だくおん【鼻濁音】

鼻音化した濁音。一般にガ行鼻濁音(ガ行鼻音)をいう。「かがみ(鏡)」「しらく(白菊)」「どう(道具)」などの「が」「ぎ」「ぐ」の頭子音の類。音声記号は[ŋ]。→ガ行鼻音

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

びだくおん【鼻濁音】

〈ガ行鼻音〉ともいう。音声学的にいえば[]の音のこと。日本語においてこの音はかなり広く分布しており,方言のなかには[g]の音をもたないで,ふつうは[g]の音である位置にもすべて[]を用いるものさえある。しかし一般的には[g]の現れうる位置には[]はたたず,逆に[]の現れうる位置には[g]はたたないのが原則である(たとえば〈がまがえる〉は[gamaaeru]であって,[amaaeru]とか[gamagaeru]とか[amagaeru]とかはいわない)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

びだくおん【鼻濁音】

鼻音化した濁音。頭子音が鼻腔の共鳴を伴う有声音(主として ŋ の音)である音節で、東京語では、語頭以外のガ行音および助詞「が」がそれである。「だいがく(大学)」の「が」、「あさぎり(朝霧)」の「ぎ」、「どんぐり(団栗)」の「ぐ」など。ガ行鼻音。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

知恵蔵miniの解説

鼻濁音

息を鼻腔から抜きながら発声する、日本古来のガ行の子音。「ガ行鼻音」とも呼ばれる。強く明確に発音する通常の濁音とは異なり、優しく柔らかい響きを持つ。一般に、「学生」のように単語の先頭にガ行が来る場合は通常の濁音で、「鏡」のように単語の先頭以外にガ行が来る場合は鼻濁音で発声される。国立国語研究所が2009年に行った調査によると、日常生活で鼻濁音を使う人の数は全国的に激減しており、22世紀には東北地方を除く地域で消滅する可能性もあるとされている。

(2015-3-10)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鼻濁音
びだくおん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の鼻濁音の言及

【日本語】より

…なお,〈ガ〉の子音[ɡ]の構えで,軟口蓋の後部を下げ鼻から息を通せば軟口蓋鼻音の[]となる。この音は〈鼻濁音〉と呼ばれ,[a i ɯ e o]の形で語中に用いられる。例えば〈学校〉[ɡakkoː]は〈小学校〉[ʃoːɡakkoː]となる。…

※「鼻濁音」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鼻濁音の関連キーワードどんぐり鼻音化濁・諾有声音語頭音朝霧位置助詞団栗

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鼻濁音の関連情報