コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

ぐ[五十音]

」の濁音。軟口蓋の有声破裂子音[ɡ]と母音[u]とからなる音節。[ɡu]ただし、現代共通語においては、一般に語頭以外では鼻音の頭音をもつ[ŋu]となる(これを鼻濁音の「ぐ」ともいう)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

「く」の濁音の仮名。軟口蓋破裂音の有声子音と後舌の狭母音とから成る音節。現代共通語では、この音は主として語頭に用いられ、語中・語尾では、その頭子音が軟口蓋鼻音となるのが一般である。これを鼻濁音の「ぐ」といい、必要に応じ「く(ク)」に半濁点「°」を付けて示すことがある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ぐの関連キーワード盧泰愚(ノテウ)視線を注ぐ糊口を凌ぐ軟口蓋鼻音露命を繋ぐ山本章夫大和表装人丸供養星を稼ぐ南隠全愚目を注ぐ名を雪ぐ色を売る田中兵庫恥を雪ぐおもちゃ御食つ物命を繋ぐ跡を継ぐ意を注ぐ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぐの関連情報