コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

2件 の用語解説(ぐの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぐ[五十音]

」の濁音。軟口蓋の有声破裂子音[ɡ]と母音[u]とからなる音節。[ɡu]ただし、現代共通語においては、一般に語頭以外では鼻音の頭音をもつ[ŋu]となる(これを鼻濁音の「ぐ」ともいう)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

「く」の濁音の仮名。軟口蓋破裂音の有声子音と後舌の狭母音とから成る音節。現代共通語では、この音は主として語頭に用いられ、語中・語尾では、その頭子音が軟口蓋鼻音となるのが一般である。これを鼻濁音の「ぐ」といい、必要に応じ「く(ク)」に半濁点「°」を付けて示すことがある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ぐの関連情報