コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ク

5件 の用語解説(くの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

く[五十音]

五十音図カ行の第3音。軟口蓋の無声破裂子音[k]と母音[u]とからなる音節。[ku]
平仮名「く」は「久」の草体から。片仮名「ク」は「久」の初2画。

く[接尾]

[接尾]《上代語》活用する語に付いて名詞化する。四段・ラ行変格活用の動詞や助動詞「けり」「り」「む」「ず」などはその未然形に付き、形容詞にはその古い未然形「け」に付く。ただし、助動詞「き」には、その連体形に付く。
主語または連用修飾語となって、
㋐「…すること」「…するもの」の意を表す。
「あかねさす日は照らせれどぬば玉の夜渡る月の隠ら―惜しも」〈・一六九〉
㋑「…する所」「…する場所」の意を表す。
「梅の花散ら―はいづくしかすがにこの城(き)の山に雪は降りつつ」〈・八二三〉
㋒「…するとき」の意を表す。
「み吉野の山の嵐の寒け―にはたや今宵も我(あ)が一人寝む」〈・七四〉
「言ふ」「思ふ」などの意の動詞に付いて、引用文を導き、「…することには」「…するのは」の意を表す。
「寺々の女餓鬼申さ―大神(おほみわ)の男餓鬼賜(たば)りてその子生まはむ」〈・三八四〇〉
引用文の末尾に置かれ、引用句を形成して、「…すること」の意を表す。
「皇御孫命(すめみまのみこと)のうづの幣帛(みてぐら)を朝日の豊さか登りに称辞竟(たたへごとを)へまつら―と宣る」〈祝詞・祈年祭〉
文末にあって、文全体を名詞止めの感動文とする。「…くに」「…くも」の形で用いられ、「…することよ」「…であることよ」の意を表す。
「苦しくも暮れ行く日かも吉野川清き河原を見れど飽かな―に」〈・一七二一〉
[補説]上二段・下二段・カ変・サ変の動詞および「つ」「ぬ」「しむ」などの助動詞には、その終止形の下に「く」と同じ意を表す「らく」が付く。ただし、上一段の「見る」には、その未然形に「らく」が付く。→らく(接尾)ク語法

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

五十音図カ行第三段の仮名。軟口蓋破裂音の無声子音と後舌の狭母音とから成る音節。
平仮名「く」は「久」の草体。片仮名「ク」は「久」の初二画。

( 接尾 )
〔上代語〕
活用語に付いて名詞化する。四段・ナ変・ラ変の動詞、形容詞およびそれに準ずる活用の助動詞の未然形(助動詞「き」には連体形)に付く。その他の用言には「らく」の形が付く。 → らく
上の活用語を体言化し、「…こと」の意を表す。 「黄葉もみち散ら-は常をなみこそ/万葉集 4161」 「たまきはる短き命も惜しけ-もなし/万葉集 3744
「言ふ」「申す」などに付いて会話文を導き、「…ことには」「…のには」の意を表す。 「かぢとりの言は-、この住吉の明神は例のかみぞかし/土左」
助詞「に」を伴って、「…なのに」「…というのに」の意を表す。 「我やどを見きとな言ひそ人の聞か-に/古今 恋五
文末にあって詠嘆の意を表す。助詞「も」や「に」を伴うこともある。 「み吉野の玉松が枝は愛しきかも君がみ言を持ちて通は-/万葉集 113」 「妹が寝る床のあたりに岩ぐくる水にもがもよ入りて寝ま-も/万葉集 3554」 〔ク語法、またはカ行延言の語尾ともよばれる。語源的には用言の連体形に、事・所を意味する「あく」という語が付き、母音の融合・脱落現象を起こしたものといわれる(例、「言ふ」+「あく」→「言はく」[ifu+aku → ifaku])。この説は「く」「らく」を統一的に説明することができるが、ただ、この場合「あくがる」の「あく」だといわれる体言「あく」の存在と、助動詞「き」に対しては「言ひしく」のように母音変化を起こさないという点で問題が残る〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


五十音図第2行第3段の仮名。平仮名の「く」は「久」の草体から、片仮名の「ク」は「久」の初めの2画からできたものである。万葉仮名では「久」「玖」「九」「鳩」「君」「群」(以上音仮名)、「來」(訓仮名)などが清音に使われ、「興」「遇」「隅」「求」「愚」「虞」(以上音仮名のみ)などが濁音に使われた。ほかに草仮名としては「(具)」「(倶)」「(九)」「(供)」「(求)」などがある。
 音韻的には/ku/(濁音/gu/)で、奥舌面と軟口蓋(こうがい)との間で調音される無声破裂音[k](有声破裂音[g])を子音にもつ。[上野和昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くの関連キーワードさんしまずからナイズびるらまがほ・しク語法こ・いわ・う

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

くの関連情報