コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こきりこ こきりこ

1件 の用語解説(こきりこの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

こきりこ

日本の民俗芸能の楽器。「小切子」「筑木」などの字をあてる。細い2本の竹の棒を打合せるもので,長さ 25cm前後のものが多く,色布で巻き,房をつけたりしてある。踊り手が踊りながら,両手に1本ずつ持って打合せる。綾竹 (あやたけ) ともいう。『看聞御記』の永享8 (1436) 年の条に記録があり,中世以来用いられていたものである。古くは放下僧 (ほうかそう) が用いたといわれる。現在では,富山県五箇山 (ごかやま) のこきりこ踊,新潟県の綾子舞中のこきりこ踊,神奈川県三浦三崎のチャッキラコ踊などに用い,こうした民俗芸能を取入れた歌舞伎舞踊にも用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

こきりこの関連情報