コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こきりこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

こきりこ

日本の民俗芸能の楽器。「小切子」「筑木」などの字をあてる。細い2本の竹の棒を打合せるもので,長さ 25cm前後のものが多く,色布で巻き,房をつけたりしてある。踊り手が踊りながら,両手に1本ずつ持って打合せる。綾竹 (あやたけ) ともいう。『看聞御記』の永享8 (1436) 年の条に記録があり,中世以来用いられていたものである。古くは放下僧 (ほうかそう) が用いたといわれる。現在では,富山県五箇山 (ごかやま) のこきりこ踊,新潟県の綾子舞中のこきりこ踊,神奈川県三浦三崎のチャッキラコ踊などに用い,こうした民俗芸能を取入れた歌舞伎舞踊にも用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

こきりこの関連キーワードこきりこ(小切子∥筑子)五箇山県立自然公園富山県南砺市上梨富山県南砺市可西 希代子平(富山県)こきりこ祭りちゃっきらこ日野陽仁白間津祭小切子節麦や節拍子木白山宮五箇山小歌踊放下綾踊曲芸

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

こきりこの関連情報