コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さく河性魚類(さくかせいぎょるい)

1件 の用語解説(さく河性魚類(さくかせいぎょるい)の意味・用語解説を検索)

農林水産関係用語集の解説

さく河性魚類(さくかせいぎょるい)

産卵期あるいはそれに先立って、海から河川に入ってくる魚類のことをいう。さけ・ますは産卵期に、あゆは幼時に河川を遡上することが知られている。この反対に、産卵のため河川から海に下る魚類を「降河性魚類」といい、うなぎが代表例である。

出典|農林水産省
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さく河性魚類(さくかせいぎょるい)の関連キーワードスーツアプリオリ花兄先立ち産卵回遊唱道それにそれにしても花の兄先使い

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone