させいほうせい

精選版 日本国語大辞典「させいほうせい」の解説

させい‐ほうせい

〘感動〙 (「させい」は左へ、「ほうせい」は右へ進めの意) を追うときのかけ声。させいひょうせい。させいほう。
※波形本狂言・木六駄(室町末‐近世初)「させいほうせい、させいほうせい、チョウチョウチョウと牛ををい出す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android