コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木六駄 きろくだ

5件 の用語解説(木六駄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木六駄
きろくだ

狂言の曲名。主人に命じられて,太郎冠者 (シテ) が丹波の奥から都の伯父のもとへ,歳暮に木6駄,炭6駄を届けることになり,主人の手紙を懐中に,左手に進物の酒樽を,右手に鞭を持って,荷を積んだ 12頭の牛を追いながら出かける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きろくだ【木六駄】

狂言。太郎冠者(たろうかじゃ)が、伯父の家に木と炭を六駄ずつ運ぶ途中で酒を飲み、酔った勢いで木の六駄を茶屋の亭主に与えてしまい、いい気持ちで伯父を訪ねてしかられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きろくだ【木六駄】

狂言の曲名。太郎冠者(かじや)狂言。ある冬の日,主人は木六駄(6頭の牛に積んだ薪(たきぎ))と炭六駄と酒樽を都の伯父に届けよと,太郎冠者に命ずる。太郎冠者は大雪の中を,12頭の牛を追いながら出かける。途中,峠の茶屋で一杯飲んで暖まろうと酒を所望するが,あいにく茶屋では酒が品切れである。つい一口と,進物用の酒樽に手をつけ,茶屋の亭主とくみかわすうちに飲みほしてしまう。太郎冠者は機嫌よく舞を舞ったりしたあげく,酔った勢いで木六駄を茶屋にやってしまい,炭六駄をのせた6頭の牛だけを引いて出立する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きろくだ【木六駄】

狂言の一。太郎冠者が都へ木六駄と炭六駄を届ける途中、茶屋で進物の酒を飲み、酔ったいきおいで木六駄を茶屋に与える。都で木六駄のことを問われ、それは自分の新しい名だとごまかす。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木六駄
きろくだ

狂言の曲名。太郎冠者(かじゃ)狂言。奥丹波(たんば)に住む主人は、都の伯父へ歳暮として牛につけた木六駄と炭六駄を持って上るよう、太郎冠者(シテ)に命じる。酒樽(さかだる)まで持たされた冠者は12頭の牛を追い、激しく雪の降る坂道を登って行く。やっと老の坂(おいのさか)の峠の茶屋に着くが、酒がないので土産(みやげ)の酒樽を開いて茶屋と酒宴を始め、「鶉舞(うずらまい)」を舞ったあと、酔うままに、木一駄は茶屋にやり、あと五駄は自分の小遣いにするため換金を頼み、炭六駄だけを都へ届ける。主人からの書状を見て不審がる伯父に、冠者は最近木六駄と改名したので、「木六駄に、炭六駄のぼせ申し候じゃ」とごまかそうとするが、結局嘘(うそ)がわかって追い込まれる。以上は和泉(いずみ)流の筋で、大蔵流では老の坂など地名を特定せず、ことに山本東次郎家の筋立ては非常に違っているが、いずれも、実際には登場しない多くの牛を追って雪の峠道を登って行く冠者の演技が見どころ。[小林 責]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木六駄の関連キーワード清水太郎冠者釣針鐘の音狂言袴縄綯寝音曲次郎冠者棒縛∥棒しばり太郎冠者狂言

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

木六駄の関連情報