コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木六駄 きろくだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木六駄
きろくだ

狂言の曲名。主人に命じられて,太郎冠者 (シテ) が丹波の奥から伯父のもとへ,歳暮に木6駄,炭6駄を届けることになり,主人の手紙を懐中に,左手に進物酒樽を,右手にを持って,荷を積んだ 12頭の牛を追いながら出かける。大雪のなかをようやく峠の茶屋にたどり着くが,茶屋に酒が切れていたため,進物の酒に口をつける。1杯のつもりが2杯,3杯となり,亭主にもふるまい,歌いかつ舞い,ついに樽を空にして,木6駄を茶屋に置いて,炭6駄だけを届ける。手紙を見て「木六駄に炭六駄のぼせ申し候」とあると詰問する伯父に,木六駄は改名した自分の名だといってごまかそうとするが,「手酒一樽」と書かれた文面を動かぬ証拠に押えられて逃げ出し,追込められる。 12頭の牛を追う様子を鞭1本で表現するのが見どころ。また酒に酔っての「鶉舞」もこの曲独特のもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きろくだ【木六駄】

狂言。太郎冠者(たろうかじゃ)が、伯父の家に木と炭を六駄ずつ運ぶ途中で酒を飲み、酔った勢いで木の六駄を茶屋の亭主に与えてしまい、いい気持ちで伯父を訪ねてしかられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きろくだ【木六駄】

狂言の曲名。太郎冠者(かじや)狂言。ある冬の日,主人は木六駄(6頭の牛に積んだ薪(たきぎ))と炭六駄と酒樽を都の伯父に届けよと,太郎冠者に命ずる。太郎冠者は大雪の中を,12頭の牛を追いながら出かける。途中,峠の茶屋で一杯飲んで暖まろうと酒を所望するが,あいにく茶屋では酒が品切れである。つい一口と,進物用の酒樽に手をつけ,茶屋の亭主とくみかわすうちに飲みほしてしまう。太郎冠者は機嫌よく舞を舞ったりしたあげく,酔った勢いで木六駄を茶屋にやってしまい,炭六駄をのせた6頭の牛だけを引いて出立する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きろくだ【木六駄】

狂言の一。太郎冠者が都へ木六駄と炭六駄を届ける途中、茶屋で進物の酒を飲み、酔ったいきおいで木六駄を茶屋に与える。都で木六駄のことを問われ、それは自分の新しい名だとごまかす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木六駄
きろくだ

狂言の曲名。太郎冠者(かじゃ)狂言。奥丹波(たんば)に住む主人は、都の伯父へ歳暮として牛につけた木六駄と炭六駄を持って上るよう、太郎冠者(シテ)に命じる。酒樽(さかだる)まで持たされた冠者は12頭の牛を追い、激しく雪の降る坂道を登って行く。やっと老の坂(おいのさか)の峠の茶屋に着くが、酒がないので土産(みやげ)の酒樽を開いて茶屋と酒宴を始め、「鶉舞(うずらまい)」を舞ったあと、酔うままに、木一駄は茶屋にやり、あと五駄は自分の小遣いにするため換金を頼み、炭六駄だけを都へ届ける。主人からの書状を見て不審がる伯父に、冠者は最近木六駄と改名したので、「木六駄に、炭六駄のぼせ申し候じゃ」とごまかそうとするが、結局嘘(うそ)がわかって追い込まれる。以上は和泉(いずみ)流の筋で、大蔵流では老の坂など地名を特定せず、ことに山本東次郎家の筋立ては非常に違っているが、いずれも、実際には登場しない多くの牛を追って雪の峠道を登って行く冠者の演技が見どころ。[小林 責]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

木六駄の関連キーワード野村 万蔵(6代目)茂山忠三郎(4代)させいほうせい狂言現行曲一覧藤間勘右衞門善竹 弥五郎善竹弥五郎どぶどぶ指を差す囃子舞切る小林狂言悉皆