コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅原伝授手習鑑 すがわらでんじゅてならいかがみ

6件 の用語解説(菅原伝授手習鑑の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

菅原伝授手習鑑
すがわらでんじゅてならいかがみ

浄瑠璃。時代物。5段。1世竹田出雲並木千柳 (→並木宗輔 ) ,三好松洛竹田小出雲の合作。松洛,千柳,出雲の3人が,それぞれ2,3,4段目で,三者三様の親子の別れを描き分けたといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

すがわらでんじゅてならいかがみ〔すがはらデンジユてならひかがみ〕【菅原伝授手習鑑】

浄瑠璃。時代物。五段。竹田出雲・並木千柳(宗輔(そうすけ))・三好松洛(みよししょうらく)・竹田小出雲合作。延享3年(1746)大坂竹本座初演。菅原道真の事跡に、三つ子の兄弟梅王丸松王丸桜丸の活躍を配したもの。人形浄瑠璃歌舞伎で上演され、浄瑠璃時代物の三大傑作の一つといわれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

菅原伝授手習鑑【すがわらでんじゅてならいかがみ】

浄瑠璃,またこれに基づく歌舞伎劇。初世竹田出雲三好松洛・並木千柳・竹田小出雲合作。1746年大坂竹本座初演。略称〈菅原〉。菅原道真藤原時平(しへい)の讒言(ざんげん)で流罪になり,のち雷神となって時平を殺し,北野天神にまつられるという俗説を脚色。
→関連項目王朝物並木宗輔

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

すがわらでんじゅてならいかがみ【菅原伝授手習鑑】

人形浄瑠璃。時代物。5段。竹田出雲,並木千柳(並木宗輔),三好松洛,竹田小出雲合作。1746年(延享3)8月大坂竹本座初演。竹本政太夫(二段),竹本此太夫(三段),竹本島太夫(四段),吉田文三郎(菅丞相・白太夫・千代)ら出演。大好評で翌年まで8ヵ月の続演。翌47年2月には江戸の肥前座で上演。江戸中の手習師匠へ安札を配ったこともあって大入り,8月まで百数十日の大当りであった。歌舞伎では1746年9月京都の中村喜世三郎座で初演,翌47年5月には江戸中村座でも上演。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

すがわらでんじゅてならいかがみ【菅原伝授手習鑑】

人形浄瑠璃。時代物。竹田出雲・並木千柳・三好松洛・竹田小出雲合作。1746年初演。菅原道真の配流を大筋に、武部源蔵の忠義、白太夫の三つ子の兄弟梅王・松王・桜丸の悲劇を配する。「車引くるまびき」の段、「寺子屋」の段が有名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菅原伝授手習鑑
すがわらでんじゅてならいかがみ

浄瑠璃義太夫節(じょうるりぎだゆうぶし)。時代物。5段。竹田出雲(いずも)・並木千柳(せんりゅう)・三好松洛(しょうらく)・竹田小出雲合作。1746年(延享3)8月大坂・竹本座初演。菅原道真(みちざね)の史譚(したん)・伝説・民間信仰などを取り混ぜ、近松門左衛門の『天神記(てんじんき)』をもとに脚色。同じ合作者による『仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)』『義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)』とともに浄瑠璃の三大傑作とされる。初演の同年秋には歌舞伎(かぶき)化、その後も人形浄瑠璃と両方で代表的人気演目になっている。[松井俊諭]

(おおうち)・加茂堤(かもづつみ)・菅原館(やかた)(筆法伝授)・同門外">初段―大内(おおうち)・加茂堤(かもづつみ)・菅原館(やかた)(筆法伝授)・同門外

菅丞相(かんしょうじょう)こと右大臣菅原道真は、左大臣藤原時平(しへい)の暴逆を制して恨みを買い、息女苅屋(かりや)姫と皇帝斎世(ときよ)親王が舎人(とねり)桜丸・八重夫婦の取り持ちで加茂堤で密会したのを種に、謀反と讒言(ざんげん)され、筑紫(つくし)へ流罪と決まる。道真から菅家秘法の書道を伝授された武部(たけべ)源蔵は、女房戸浪(となみ)とともに、道真の一子菅秀才(かんしゅうさい)を時平一味から守って立ち退く。[松井俊諭]

(ことば)の甘替(あまいかえ)・安井の浜・覚寿(かくじゅ)館(道明寺(どうみょうじ))">二段―道行詞(ことば)の甘替(あまいかえ)・安井の浜・覚寿(かくじゅ)館(道明寺(どうみょうじ)

斎世と苅屋姫は飴屋(あめや)姿の桜丸に守られて落ち延びる。筑紫へ向かう道真は警護の役人判官代(はんがんだい)輝国(てるくに)の情けで、河内国(かわちのくに)土師(はじ)の里の伯母覚寿を訪れる。覚寿の婿宿禰(すくね)太郎とその父土師兵衛(はじのひょうえ)は時平にくみし、道真の命をねらうが、道真は手製の木像の奇跡に救われ、苅屋姫に別れて立ち去る。[松井俊諭]

(くるまびき))・佐太村(賀の祝)">三段―吉田社頭(車引(くるまびき))・佐太村(賀の祝)

桜丸は菅家の舎人梅王丸、時平の舎人松王丸と三つ子の兄弟で、梅王・桜丸は吉田社参詣(さんけい)の時平の車を襲うが、松王に妨げられる。三兄弟は佐太村に住む父白太夫(しらたゆう)の70歳の賀の祝いに、それぞれ女房を連れて集まるが、松王は自ら望んで父に勘当され、桜丸は道真流罪の責を負って切腹する。[松井俊諭]

(てんぱいざん))・北嵯峨(きたさが)・寺子屋">四段―配所(天拝山(てんぱいざん))・北嵯峨(きたさが)・寺子屋

筑紫の配所の道真は時平反逆の報を聞いて激怒し、雷神と化して都へ飛び去る。道真の御台所(みだいどころ)園生の前(そのうのまえ)は北嵯峨の隠れ家を時平一味に襲われ、八重はこれと戦って討ち死にするが、山伏が現れて御台を助ける。芹生(せりょう)の里で寺子屋を営む武部源蔵は時平方に菅秀才の首を討てと命じられ、弟子入りしたばかりの小太郎を身替りにたてるが、首実検の役の松王は実の首と認めて帰ったあと、女房千代とともにふたたび訪れ、小太郎こそわが子で身替りのためわざと入門させたことを語り、自分が山伏に扮(ふん)して救った御台を引き合わせる。[松井俊諭]

五段―大内

時平は雷神に滅ぼされ、道真は天神として祀(まつ)られる。
 二、三、四の各段の切(きり)場で、3通りの親子の別れを書き分けているのが特色で、独立しての上演も多い。「道明寺」は、幻想的な物語のなかに、聖者菅公の人間的な悲しみを重厚に描き、義太夫では屈指の難曲、歌舞伎でも丞相や覚寿は最高級の難役とされる。「賀の祝」は、うららかな春の農家で美しい若衆桜丸が死んでゆく、哀切な詩情に富んだ場面で、白太夫の見せ場でもある。「寺子屋」は、首実検の緊迫感や松王の本心吐露の悲壮味、一同が小太郎を弔う段切れの哀感など、劇的にきわめて優れ、古典劇中有数の傑作として上演回数ももっとも多い。ほかに三段目口の「車引」は、歌舞伎では全編を荒事(あらごと)で統一した演出が傑出し、様式美豊かな一幕となっている。情緒のある「加茂堤」、格調高い「筆法伝授」など、それぞれに見どころがある。[松井俊諭]
『横山正校注・訳『日本古典文学全集45 浄瑠璃集』(1971・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の菅原伝授手習鑑の言及

【竹田出雲】より

…日本の武力による大明国の再興という雄大な構想が出雲の発案であった。晩年の傑作《菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゆてならいかがみ)》では出雲みずから総指揮をとり,各段担当の作者に腕を競わせ,各段担当の太夫にその芸風を競わせるという行き方であった。彼は竹本座の見事な経営,舞台技巧の改良,それを活用した浄瑠璃の執筆によって人形浄瑠璃を近世化した。…

【天神記物】より

…1736年(元文1)2月には,上総少掾受領祝に《天神記冥加の松》を語ったとの記録があるが内容は明らかでない。《天神記》をさらにふくらませたものに,浄瑠璃曲中1,2位を競う傑作で天神記物の決定版ともいえる《菅原伝授手習鑑》(1746年8月)がある。この作もすぐ歌舞伎に移された。…

【天満宮菜種御供】より

…配役は菅丞相・武部源蔵を初世尾上菊五郎,伯母覚寿・左大臣時平を初世嵐雛助,土師ノ兵衛・白太夫・法性坊・紀ノ長谷雄を初世三枡大五郎,宿禰太郎・舎人造酒王丸を小川吉太郎,松月尼・腰元十六夜・源蔵女房戸浪を初世沢村国太郎,斎世親王を沢村千鳥,判官代輝国を藤川柳蔵,蘭の中将・春藤玄蕃を三枡松五郎,三善清貫・白太夫伜荒藤太を2世三枡他人,左中弁希世を坂東岩五郎,白太夫娘小磯・紅梅姫を山科甚吉,宿禰女房小桜・長谷雄女房渚を初世三枡徳治郎,菅秀才を尾上丑之助など。登場人物名が先行作(近松の《天神記》と竹田出雲ほかの《菅原伝授手習鑑》)と共通することでもわかるように,この2作をもとに歌舞伎化したもの。次に場割を記し,( )内に共通する先行作の場を記す。…

※「菅原伝授手習鑑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

菅原伝授手習鑑の関連キーワード源平布引滝義経千本桜操り浄瑠璃浄瑠璃狂言浄瑠璃座蘆屋道満大内鑑内海繁太郎竹田出雲(3代)由良湊千軒長者景清(人形浄瑠璃)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

菅原伝授手習鑑の関連情報