コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さび病(コモンベッチ)

飼料作物病害図鑑の解説

さび病(コモンベッチ)

春から初夏にかけて発生するさび病。淡橙色で直径0.5mm程度の腫れ物状の円形病斑が葉の裏に散生する。やがて表皮が破れて中から鉄銹色の夏胞子が現れる。7月頃から胞子堆に冬胞子を形成する。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

さび病(コモンベッチ)の関連キーワードさび病(ソルガム・スーダングラス)小さび病(オーチャードグラス)黒さび病(オーチャードグラス)さび病(アルサイククローバ)南方さび病(トウモロコシ)黒さび病(ブルーグラス)葉さび病(ブルーグラス)黄さび病(ブルーグラス)さび病(アルファルファ)茎さび病(シロクローバ)葉さび病(シロクローバ)さび病(アカクローバ)さび病(トウモロコシ)黒さび病(ライグラス)黒さび病(チモシー)赤さび病(ライムギ)黒さび病(フェスク)黄さび病(チモシー)バラ(薔薇)ヒメハナムシ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android