コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さび病(トウモロコシ)

飼料作物病害図鑑の解説

さび病(トウモロコシ)

北海道、東北で発生が多い最も一般的なさび病。冷涼多湿条件で発生し、絹糸抽出期頃から、葉の両面にオレンジ色〜茶色、やや細長く、長さ2〜5mm、幅1〜2mm程度の夏胞子堆を多数形成し、表皮が破れてそこから夏胞子が飛散し、まん延する。さび胞子堆は後にやや黒化し、冬胞子を形成する。カタバミ類が中間宿主である。病原菌はトウモロコシ系統を判別品種として数多くのレースに分類されているが、日本で発生するレースについては不明である。

出典|畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について | 情報

さび病(トウモロコシ)の関連キーワードさび病(ソルガム・スーダングラス)黒さび病(オーチャードグラス)小さび病(オーチャードグラス)さび病(アルサイククローバ)南方さび病(トウモロコシ)葉さび病(シロクローバ)さび病(アルファルファ)茎さび病(シロクローバ)葉さび病(ブルーグラス)黒さび病(ブルーグラス)黄さび病(ブルーグラス)さび病(コモンベッチ)黒さび病(ライグラス)さび病(アカクローバ)黒さび病(フェスク)黒さび病(チモシー)黄さび病(チモシー)赤さび病(ライムギ)ハナショウブ石灰硫黄合剤

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android