コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冬胞子 ふゆほうしteliospore

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

冬胞子
ふゆほうし
teliospore

担子菌類の銹菌 (さびきん) やクロボキン (黒穂菌) にみられる胞子の一型。細胞壁が厚くて越冬に適している。宿主植物の葉の表面または内部にとどまっていて,細胞は2核をもつが,癒合して1核となり,これが前菌糸体となって,担子細胞を生じる。冬胞子は細胞壁が濃い色を呈していることも多く,クロボキンの場合は黒色で,特に焦胞子 teleutosporeと呼ばれることがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

冬胞子
ふゆほうし

原生担子菌類の栄養胞子。赤褐色か無色で、表面は平滑、または刺(とげ)をもつ。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

冬胞子の関連キーワードさび病(ソルガム・スーダングラス)冠さび病(リードカナリーグラス)アカボシビョウキン(赤星病菌)黒さび病(オーチャードグラス)マツコブビョウキン(松瘤病菌)小さび病(オーチャードグラス)冠さび病(ベルベットグラス)南方さび病(トウモロコシ)黒さび病(ブルーグラス)冠さび病(レッドトップ)さび病(アルファルファ)葉さび病(シロクローバ)黄さび病(ブルーグラス)葉さび病(ブルーグラス)茎さび病(シロクローバ)冠さび病(ライグラス)黒さび病(ライグラス)さび病(トウモロコシ)さび病(コモンベッチ)黄さび病(チモシー)

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android