コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夏胞子 なつほうしuredospore; urediospore

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

夏胞子
なつほうし
uredospore; urediospore

銹菌 (さびきん) 類が生じる5種に及ぶ胞子のうちの一種。銹胞子に由来する菌糸体に形成される夏胞子器内に,多数の二核性の胞子として生じる。そこから生じてきた菌糸は再び夏胞子を生じるほか,季節によって冬胞子を生じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

夏胞子
なつほうし

サビキンの二核性栄養胞子。色は黄褐色か無色で、表面には小突起と数個の発芽孔がある。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

夏胞子の関連キーワードさび病(ソルガム・スーダングラス)冠さび病(リードカナリーグラス)黄さび病(オーチャードグラス)小さび病(オーチャードグラス)マツコブビョウキン(松瘤病菌)黒さび病(オーチャードグラス)冠さび病(ベルベットグラス)キサビビョウキン(黄銹病菌)南方さび病(トウモロコシ)冠さび病(レッドトップ)黒さび病(ブルーグラス)黄さび病(ブルーグラス)さび病(アルファルファ)葉さび病(ブルーグラス)葉さび病(シロクローバ)さび病(トウモロコシ)黒さび病(ライグラス)冠さび病(ライグラス)さび病(コモンベッチ)さび病(アカクローバ)

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android